ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUPER BOWL XLVIIIを外野から振り返るなぐり書き

NFL > Other Teams

シアトル・シーホークスファンのみなさんおめでとうございます!(あいさつ)

第48回のスーパーボウルが終わった。おう。今さら。なので詳しい試合内容やらはよそさんにまかせて、外野からの感想を書いておく。

SEA.png 43 - 8 DEN.png


まさかの一方的な展開。twitterで「SEAが最強の盾でボコボコにぶん殴ってる」とか評している人がいて吹き出した。いや言い得て妙だなーと。そんな盾で殴られたらそりゃ痛い。

とにかく強烈なインパクトを与えたシーホークスのディフェンス。あの迷いの無さはなんなんだろう。選手一人ひとりに「お前はあれとこれをやれ。他はいい」とすごく明確なタスクを与えられているような印象を受けた。迷わないから早いというか。シンプルだから強いというか。

否定的な含みは一切ない。むしろその逆。「あれこれ考えない。与えられた目の前の仕事に集中する」っていうのは深い信頼関係があってこそだ。コーチ陣の正確な読みとタスク配分、選手個々の遂行能力の高さ。その両方が組み合わさっての鉄壁だった。試合中にブロンコスのプレイコールをいくつか見抜いていたそうだけど、それも含めてチームの実力。

単純にこの1試合だけを見たのだとしたら、「SEAのディフェンス陣は全員プロボウラー」って言われても僕は信じたと思う。それくらいに全員がフィールドで躍動してた。恐るべきかなDCダン・クイン。この名前ははっきり覚えておこう。

とりわけディフェンスラインのパフォーマンスには驚いた。リーグ屈指のオフェンスラインを相手に、ブリッツもほとんど使わず4人だけでポケットをつぶし続けた。いやあれは本当に意外だった。パッツの面々がどれだけぶつかってもびくとも動かせなかったのに(えー)

で。それはマニングも予想していない事態だった気がする。左右からのラッシュだけでなく正面からも押し込まれるもんだから逃げ場がない。巨大な手でぎゅうっと握りつぶされるようなプレッシャー。マニングは試合中ずっと窮屈な振る舞いを強いられることになった。

みるみるポケットがつぶされる → 逃げ場もない → レシーバーがオープンになる時間を稼げない → 当然ロングパスは投げられない → 短めのパスを投げるしかない……という流れ。そこをSEAの後ろの面々が狙い撃つ。パスを取られても直後のハードヒットで止めまくる。パスの成功数は増えてもDENのリズムは生まれないままだった。

SEAのディフェンスといえば何かとセカンダリーが取り上げられるけど、個人的にはDLのほうに感心したなあ。試合の首根っこを力づくで押さえつけて離さなかったという感じ。DEのマイケル・ベネットを内側に構えさせることが多かったみたいだけど、それもポイントの一つだったのかな?詳しい方がいたらご教授いただきたい。

何にせよ、SEAがやってみせたのはポケットパッサー殺しの一つの理想形だろう。強力なDLに物を言わせて最小限の人数でプレッシャーをかけつつ後ろを厚く堅く守る。3年前のスーパーボウルでジャイアンツにやられたようにペイトリオッツが苦手とする形でもある。重要なのが両サイドからのラッシュだけでなくインサイドからも押し込むこと。一流のQBはエッジラッシュだけなら上手くかわすからね。

このSEAのディフェンスをポケットパッサー型のチームで攻略するとすればどんな方法があるのかなあ。たとえばパッカーズならどんな手でくるんだろうか。つかコルツはどうやって34点も取ったんだ。

ただこの試合を見て改めて思った。やっぱりDLのインサイドにはプロボウル級が一人は必要だ。来シーズンに向けたパッツの大きな課題の一つ。ウィルフォークの復活を期待して待つのでは危険すぎる。たとえ大枚をはたいてでも不動の軸を決めておきたい。

ついでに書けば、このSEAの勝利でアキーブ・タリブの市場価値も相対的に上がってしまったんじゃないだろうか。これからは長身CBの時代だなと。そう考えるチームが増えてもおかしくない。

それにしてもシーホークスは恐ろしく強かった。パッツが出場していたらどんな試合になっただろう。昨シーズンはまだいい勝負ができたんだけど、あの時と比べてどれくらい違ったんだろうか。

あれだけ強いDENの上に、さらにとんでもなく強いチームがいた。あーあ。すげー。やっぱNFLってすげー。だけどパッツファンとしてはその強い2チームに勝ったらめちゃくちゃ気持ちいいだろうなと思う。来シーズンにSEAとぶつかるとしたらアリゾナでのみ。うん。挑もうぜ。

さ。2013-14シーズンのNFLもこれにて幕引き。長くてちょっと退屈なシーズンオフがはじまる。
 
スポンサーサイト

個人的シーズン回顧2012(他チーム選手編)

NFL > Other Teams

 
FSとSSの違いがやっぱりピンとこないんですが何か?(あいさつ)

諸先輩方のブログにならってポジション別レビューなどもしてみたいのだがそれはまあFA解禁までにおいおい。んで今日は他チームの選手の話なんかを。

実はこのブログをはじめる時に自分の中で決めたことの一つが「他チームのことでも書きたいと思ったら書く」。だってねえ。NFLには語らずにはいられない選手がわんさかいるじゃん。たとえばADのランなんてあれはもうエクスタシーのレベルだわ。

というわけで2012シーズンを振り返って個人的に書いておきたい選手のことをつらつらと書くことにするです。


Harrison Smith(ハリソン・スミス) 
FS ミネソタ・バイキングス(MIN)

シーズン終盤にかけてADことAdrian Peterson(エイドリアン・ピーターソン)目当てでMINの試合をたくさん観てたら「えらく光って見える選手がいるなー」と思ったのがこのルーキーSだった。

ボールホルダーの目の前にスピードに乗って現れてバシッと止めまくる。ハードヒットというよりはすげー正確なタックルという印象。いわゆるフットボールIQも高そうだね。大敗したプレイオフのGB戦でもいいパフォーマンスを見せていて好感度大。昨ドラフトでトレードアップして獲った選手というのもさもありなんだ。カリルといいスミスといいMINのフロントはいい仕事しましたなー。


Andrew Luck(アンドリュー・ラック) 
QB インディツナポリス・コルツ(IND)

あえて言おう。コルツはずるいと。だってひさしぶりにプレイオフを逃した辛いシーズンの直後のドラフトでこんなQBが獲れるんだもん。QB不作が伝えられる今ドラフトで1位を持ってるKCファンの不公平を叫ぶ声が聞こえてきそう。

偏った前足重心の(リリース前から後ろ足が浮く)フォームが独特で正直好みではないんだけど……あの勝負強さは何なんだ。2ミニッツオフェンスとかマジ上手すぎ。新人なのに。

とりわけ出色だったのがWEEK13 DET戦の最後のプレー。残り時間3秒からの逆転サヨナラTDパス。あれはまさに全身鳥肌モノだった。NFL2012シーズン最高のプレーを選ぶなら個人的にはあれ一択。あの状況であのプレーを選んで成功させて勝つとかね。すごいというか心の底から恐ろしい。「ふふ…背中を走るものがあるぜ」 via 修羅の門。そこいらのQBには一生かかろうができんわー。はてさてどんな選手になってしまうのやら。

まああれだ。とても不謹慎な言い方だけどペイトン・マニングのケガは最高のタイミングだったということか。積年のライバルチームのファンとしてはもうちょい長くコルツが苦しむところを見ていたかったんだけどなー(おい

 WEEK13 IND - DET ハイライト 《NFL.JAPAN.COM》


Vick Ballard(ヴィック・バラード) 
RB インディツナポリス・コルツ(IND)

ラックと同じコルツからもう1人……というかもう1プレー書いておかずにいられない。それはもちろんWEEK8 TEN戦のあのプレー。コークスクリュー・タッチダウンて。何そのイナズマイレブン的必殺技。もしもまだ観ていないという人がいたらぜひご覧あれ。一見の価値は十分あるよ?

 WEEK8 IND - TEN ハイライト 《NFL.JAPAN.COM》


BenJarvus Green-Ellis(ベンジャーバス・グリーンエリス)
RB シンシナティ・ベンガルズ(CIN)

去年までのペイトリオッツのエースランナー。Pats時代はエースと呼ぶには物足りないって声も多かったので移籍してどうなのかシーズンを通して気にかかってた。デビュー以来ファンブルしたことがないというガッチガチのボールセキュリティが売りだったのが今シーズンだけで3回(うちロスト2回)も……おいおいどうしちゃったのさ。何とか1000ヤードは突破したみたいだけどCINファンからの評価はどうなのかなあ。

プレイオフのHOU戦を観たんだけどまったく走らせてもらえてなくて辛かったよ。つかなんであんなに見え見えなのに真ん中オンリーで突っ込ませつづけるんだよー。

んと。いきなり勝手な意見だけどベンガルズの2013シーズンは全力勝負の年だと思う。一気にスーパーを獲る!くらいの姿勢でいいはず(いや獲らせないけどね)。ベンジャーバスのポジションがその中にありますように。


あ。これらはもちろんチラシの裏の書きなぐりなので。異論反論は認めまくる。各チームのファンのみなさん大目に見てやってくださいな。

ふう。他にも書きたい選手はたっくさんいるんだけどキリがないのでこの辺で。またそのうちやるー。

第47回スーパーボウル100%外野的感想

NFL > Other Teams

 
今のランディ・モスはカムバックルートばかりなのか(あいさつ)

BAL.png 34 - 31 SF.png

というわけで僕の目がいかに節穴かということを白日のもとにさらけ出す結果となりました。おはずかしい。だが反省はしていない。来年もしれっと予想する。

前回の記事で見どころに挙げたうち「レイ・ライスがファンブル(→ ランではなくパスキャッチの後)」「エイカーズがFGを外す(→ ラフィング・ザ・キッカーで命びろい)」がホントに出たときは君たちは一体何をやっとんのじゃと思ったのですが終わってみれば「あーそういえばそんなのもあったね」というくらい停電をはじめ盛りだくさんなスーパーボウルでした。

キャパニックはやっぱりふつーでいられてなかったなあ。もうちょい楽なプレイコールを入れてやった方がよかったんじゃ?という気もするけどまあそれは外野からみた結果論。彼が来シーズンどれだけやれるのか楽しみだ。でもオフの間に徹底的に研究されるぞー覚悟しとけー。

素人外野からどうしても言いたくなってしまったのがSFの最後のオフェンスシリーズ。2nd & 5から3回続けたパスコール。あそこは絶対ランを入れるべきだったと思うんだけどなあ。BALはナタがいなかったんだし持っている一番強い武器でガチンコ勝負する方がよかったんじゃないのかなー。気持ちの面でも。49ersファン的にはどうなんだろう?

とはいえBALが強かったのは事実。選手一人ひとりの個性を上手くかけ合わせていて恐れ入りました。
レイヴンズファンのみなさんには心からお祝いを。本当におめでとうございます。
これからの一年間はチャンピオンとして思いきり天狗になってください(え
ぜひスーパーフラッコさんには高ーいお給料をあげてやってね。

さ。来シーズンはリベンジできるようにしなければ。

というわけで今シーズンのNFLはこれにて終了。長い長いオフがやってきます。
先輩ブロガーのみなさんのブログを拝見していても「ネタがない」がオフ中の合言葉のようですが(笑
さてどうしたもんかなー。
 
 

ペイトリオッツファン的スーパーボウル予想

NFL > Other Teams

エド・リードがPatsにくるー!?(あいさつ)

2月最初の記事はこのテーマに決めてた。NFLファンを名乗る以上スーパーボウルの予想くらいやらなきゃなるまい。Patsが出るものと信じてちゃんと有休も取ってあることだしな!

ボルティモア・レイヴンズ(BAL)対サンフランシスコ・49ers(SF)。

ま。予想というか今シーズンどっちのチームにも負けた(BALには2敗)ペイトリオッツファンの実感ということだけど。

んで。とっとと結論から言えば。

SFが圧勝するんじゃないかと思う。

力の差はたぶん相当ある。

ホントに個人的な印象のみだけどPatsとの試合でBALに対しては「ストレス」を感じた。
一方でSFに感じたのは「恐怖」だった。

つまりSFに感じた「こいつらヤバい。マジでやられる!」っていう怖さはBALにはない。
SFがGBとの試合で見せたパフォーマンスなんてもう「どうにも手がつけらんねー」っていう感じだったもん。
ふつーにやれば6回目のヴィンス・ロンバルディ・トロフィーは固そうだ。

でもなあ。そこはスーパーボウルだから。どうなるかなんざやってみないとわからない。
「ゴアのランは出るのか」「エイカーズはまた外すのか」「レイ・ライスもまたファンブルするのか」「スーパー・フラッコ状態はまだつづくのか」「ラマイケル・ジェームズのアホみたいなスピードを今のレイ・ルイスがタックルできんのか」「エド・リードは安い給料でPatsに来てくれるのか(どさくさ」など見どころは満載。

でも。それでもすべてはキャパニック次第かな。ヤツがここ数試合で見せている通りのプレイがスーパーボウルという異常な舞台でもできるならきっと圧勝劇が待っている。

スコア予想は31-20で49ers。

「俺こそが史上最高のレシーバー」と言い放った愛すべきランディ・モスにそろそろリングをあげたい。

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。