ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Patsファン的ドラフト感想2013(前編)

NFL > Patriots 2013-14

しかしまあグロンクはどんな薮医者に診てもらっているんだと(あいさつ)

寝かしすぎたせいでもうネタとしては使い物にならん気もするが、今年のPatsのドラフトについての感想を書いておくことにする。ええ今さらですともさ。でも時間が経ってちょっと冷静に評価できる部分もあるしね。食べ物は腐りかけが一番美味いとも言うしね(えー)。というわけで改めて今年指名した7名はこちら。

2巡(全体52位) Jamie Collins(ジェイミー・コリンズ) OLB/DE
2巡(全体59位) Aaron Dobson(アーロン・ドブソン) WR
3巡(全体83位) Logan Ryan(ローガン・ライアン) CB
3巡(全体91位) Duron Harmon(デュロン・ハーモン) S
4巡(全体102位) Josh Boyce(ジョシュ・ボイス) WR
7巡(全体226位) Michael Buchanan(マイケル・ブキャナン) DE
7巡(全体235位) Steve Beauharnais(スティーブ・ボーハーネス) ILB


"This was a very Patriots draft." なんてコメントが散見されるくらい、1巡トレードダウンで始まるペイトリオッツらしいドラフトだった。とはいえ、いろんなドラフトアナリストたちの評価はほとんどがB-かC+。やっぱり否定的な意見が多いんだな。特に3巡のハーモンの指名について好意的な意見は皆無。ここがもっと知名度のある選手だったら、それだけでだいぶ印象が変わったんだろうなと思う。かくいう僕もリアルタイムでは「ジェシー・ウィリアムズいっとけー」とか叫んでた。

ちなみに指名が終わっての僕の第一印象は、「えらくバクチっぽい面子できたなー」というもの。

ペイトリオッツはドラフト巧者、というイメージを多くの人が持っているみたいだけど、いやいや苦手とするポジションというのがはっきりある。WRとDBだ。ベリチック体制になって14回目のドラフトだったんだけど、これまで指名したWRは今年の2人を含めても12人。これって実はTEの指名人数と一緒だったりする。この12人の中にはChad Jackson(チャド・ジャクソン)とかまあバストと呼ばれても仕方がない選手もいるねー。

DBは毎年のように上位指名するものの、どうにもこうにもピリッとしない。その年のトップピックだったBrandon Meriweather(ブランドン・メリウェザー)やPatrick Chung(パトリック・チャン)さえもういない。マッコーティが今シーズンFSとしてプロボウル級の活躍をしてくれるとは思うけど(しれっと)、はっきり言ってDBの目利きはかなり怪しい。

なのに今年はWR2名にDB2名。うむ。この時点でバクチっぽい香りがぷんぷんする。加えてすごく意外だったのはDTとOLを一人も指名しなかったこと。3巡あたりでもハズレの可能性の少ない選手が残ってた感じがするんだけどなあ。こりゃ下手すると7人全員鳴かず飛ばずで終わるかもしれんぞうわー不安。とまあここまでがドラフト終了直後の感想。いろいろと意外だったので、ぶっちゃけこれはどうなんだとモヤモヤしてた。なので酒も進んだ。

んでそれから2週間ちょっとの間、いろいろと映像や記事を漁りつつ妄想を膨らませているうちに、どうもだいぶ印象が変わってきた。つまりチームの狙いというか、何を大きな課題と考えているかがはっきり表れているピックだったのかなあと。

まず守備においては「3rdダウンディフェンスの改善」。ここ何年か、がんばって3rdダウンミドルや3rdダウンロングに持ち込んでもパスであっさり1stダウンを更新されるというシーンがめちゃくちゃ多い。おいこらもったいねえだろと画面に向かって叫んたことは数知れずだ。

で。その穴を埋める第一手として選んだのが、最初に指名したジェイミー・コリンズなんだと思う。彼についてはドラフト当日までノーチェックだったので、遅まきながらいろいろ情報収集してみると、なんだか一部ですこぶる高く評価されていた。

たとえば独自の指標によるデータ分析で知られる「FOOTBALL OUTSIDERS」が弾き出したパスラッシャーとしての将来性評価(その名も「SackSEER」)では、なんと今年のドラフティーの中でトップレイティングを叩き出しているのだ。あらやだ全体3位のジョーダン君や全体6位のミンゴ君よりも上なんですってよ奥さん。あらまあこれはダイヤの原石を拾ってしまったかしらん。(ちなみに「FOOTBALL OUTSIDERS」のいろいろな指標については、Patsファンでもいらっしゃる「祖国は危機にあり」さんがとてもお詳しい。)

まあサック数がどうとかは置いとくとしても、ジェイミーがどう使われてどれくらいチームに貢献してくれるのかは今シーズンのPatsにとって意外と大きなファクターなのかもしれない。Patsのディフェンスがどう進歩しようとしているのか、それを確かめる意味でも彼には注目だと思う。

一方で攻撃面の狙いはより明白。というか一つだけ。「スプリットエンド(Xレシーバー)の獲得」。特にディープゾーンを突ける、ディフェンスを縦にぐいと引き延ばせるタイプ。ペイトリオッツがランディ・モス以来ずっと待っているタイプと言ってもいい。その点でWRを2人指名したことを僕は好意的にとらえてる。グロンコウスキー&ヘルナンデスのTEコンビやリドリー&ベリーンのRBコンビなど、ここのところの成功例もあるわけだしね。

特にドブソンについては、モスと同じ大学ということもあって期待は否が応にも高くなる。実際あのキャッチングスキルの高さを見てしまうと夢は広がりまくっちまうよ。偉大な先輩に少しでも近づいてくれたらいいなー。

ロスターから考えて今年のルーキーで開幕先発の可能性があるとしたらたぶん彼だけ。でもルーキーWRがいきなり活躍できるほどNFLは甘くない。間違いなく苦戦するだろなあ。スタッツ的には大した成績は残せないかもしれん。でもいい。12月以降のゲームの要所でさらっと活躍してくれることを期待しとく。「ここでくるかー」みたいな。だからケガだけはしないでお願い。

うん。やっぱり長くなった。もうちょっとだけ書いておきたいので次回につづく(えー)
 
スポンサーサイト

« »

05 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。