ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEEK3 タンパベイ・バッカニアーズ戦を振り返るなぐり書き

NFL > Patriots 2013-14

やー。Patsファン同士で飲む酒は美味かったー(あいさつ)

TB.png 3 - 23 NE.png

最終スコアとは裏腹に序盤は完全なカリブの海賊ペース。1本でもタッチダウンを決められていたらその後の展開もぜんぜん違っただろう。

ポイントになったのは4thダウンギャンブルの阻止。とりわけタッチダウンで逆転した後の相手ドライブでの4th and 1。Doug Martin(ダグ・マーティン)のランをBrandon Spikes(ブランドン・スパイクス)ががちっと受け止めたプレイはすげー大きかった。完全にモメンタムを握れたからね。開幕からちょっとおとなしかったスパイクスの調子もこれで上がってくるかな。

そうこうしているうちに相手QBのJosh Freeman(ジョシュ・フリーマン)のパフォーマンスがどんどん落ち込んでった。んー。あれは何なんだろう。どうやら海賊船から降ろされることになるみたいだけど確かにあれだけ波が激しいと乗組員たちも辛いよなー(何の話だ)

結局この試合では合計4回あった相手ギャンブルをことごとく阻止。はっはっは。すごくね?まーでもシアーノの采配は敵ながらよくわからんが。

いやはやディフェンス様々。ダグ・マーティンのランも合計88ヤードならぜんぜん問題ないでしょう。だってやっぱいい選手だもん。ああいう小気味のいい走りをするRBは好きだ。

Aqib Talib(アキーブ・タリブ)対Vincent Jackson(ビンセント・ジャクソン)ははっきりタリブの勝ち。古巣相手で燃えたのか、タリブのパフォーマンスは見事だった。前半残り36秒でのインターセプトなんて鮮やかの一言。あの場面で狙っていける集中力が素晴らしい。あーこれはプロボウル一直線だなーさっさと契約延長するしかないなー(浮かれすぎ)

ちなみに逆サイドのAlfonzo Dennard(アルフォンゾ・デナード)もなかなかいいんですよこれが。次、この二人がアトランタのリーグ最強WRコンビ相手にどこまでやれるのか楽しみだ。


攻撃はまずマクダニエルズのプレイコールを誉めたい。明らかにJulian Edelman(ジュリアン・エデルマン)偏重だったJETS戦とがらり変わって、レシーバーもランナーも散らしに散らしてきた。さらにダイレクトスナップやダブル・エンドアラウンドをフェイクに使ってからのパスなど、現有戦力でやれることは全部やったるぜという姿勢が見えたのが◎。ノーハドルでガンガン進むってのは今のチームだと難しそうだけど、この辺りがね、Patsファンやってて楽しいところなんすよー。

エデルマン・Aaron Dobson(アーロン・ドブソン)・Kenbrell Thompkins(ケンブレル・トンプキンス)に加えて、TEのMichael Hoomanawanui(マイケル・フーマナワヌイ)にも複数のパスをヒット。フーマンの2回のレシーブはどちらも効果的。特にランアフターキャッチで稼いでくれた16ヤードのパスは、FGへつながる貴重なプレイだった。

ちなみにドブソンは7キャッチ52ヤード。彼がキャッチするたびホームの観客から大歓声だった。やっぱりみんな心配してたらしい(ですよねー)

ランもRB3人をローテーションで使って合計156ヤード。こういうのって中途半端に終わる場合も多いけど、この試合では効果的だった。TBみたいなDLのプレッシャーがきつい相手には、どんどん目先を変えてくのも大切ってことかな。

ただTom Brady(トム・ブレイディ)については心配。調子はかなり悪かったと思う。特にドブソンへのイージーなタッチダウンを逃したパスミスは言い訳できないレベル。しかもその流れで焦ってINTを食らうとか、まるでルーキーだぜ。サイドラインで「何やってんだ俺ーっ!」と両手で頭を抱える姿が印象的だったが、「ホントだよ何やってんだよトムー!」とこっちも思わず画面に向かって叫んだ。ロングパスのタッチもてんで合ってなかったな。

まあ。ね。これはとても悲しいことなのだけれど。トムの選手としての衰えは、パスの微妙なコントロールのズレというところに、はっきりと現れてきていると思う。それは今年始まったことじゃない。ま。この辺りについてはいつか改めて書くこともあるでしょう。今はとにかく反省して修正してくれー。100%信じてる。


TBについては二人ほど。まずはLBのLavonte David(ラボンテ・デビッド) 。こんないい選手がいたんだなあ。まったくのノーマークでしたすみません。去年の2巡指名だったのか。覚えとけ。前に出てよし後ろで待ってよしってタイプで総合力高いなーと。

それからWRのMike Williams(マイク・ウィリアムス)。彼もたぶん対戦したのは初めてのはず。セパレートも上手くて着実に使えるタイプだよね。もっと彼を上手に使ったらいいんじゃないかなーと思った。


さあ次はアウェーのAtlanta Falcons(アトランタ・ファルコンズ)戦。実は今シーズンのスケジュールが発表された時から個人的に一番楽しみにしていた試合。好きな選手がゴロゴロいるんすよー。Roddy White(ロディ・ホワイト)とか最高に好きだ。それにもちろんアサンテもいるしな!

さらに注目してるのは、向こうのDesmond Trufant(デスモンド・トゥルーファント)・Robert Alford(ロバート・アルフォード)のルーキーCBコンビと、うちの新人レシーバーコンビとの対決。指名順位ではこっちが下だがどうにか一泡吹かせたい。同期に負けんなっ。ちなみにトゥルーファントは僕の未練杯での有力指名候補だったのでPats戦以外では応援してまっせ。

いろいろな意味で今年のペイトリオッツにとって試金石となる一戦。お互い主力にケガ人を抱えているのが残念だ。それでもESPNの専門家たちの中でPatsの勝利を予想したのは13人中わずかに2人。ぶっちゃけ分は悪い。いいねー燃えるねー。

さあさあさあ。大注目のサンデーナイトゲームだ!
 
スポンサーサイト

« »

09 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。