ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AFCチャンピオンシップのO#を妄想するなぐり書き

NFL > Patriots 2013-14

気づけばそろそろ1周年(あいさつ)

いよいよデンバー・ブロンコス戦が近づいてきた。まるで気もそぞろ。ついに夢にダニー・トレバサンが出てきた。恋か。これは恋なのか。というわけで妄想の続きとしてオフェンスについて書き散らかす。

前提としてとにかく30点は取らないと勝てない。前回対戦時(Week12)に活躍したグロンク抜きでそれができるのか。ただDENのディフェンスも離脱者だらけ。付け入る隙はあると見た。

ランがどれだけ出せるかが最初のポイント。DENのラン守備はリーグ8位(101.6ヤード)となかなか固い。ディビジョナルプレーオフのSD戦でもランはほぼ完封した。とはいえペイトリオッツとしてはある程度走れないとゲームの組み立てがすこぶる難しくなる。オフェンスで時間を使えないようだと後半までもたないだろう。1Qである程度ランの手ごたえをつかみたい。

絶好調のブラントがどれだけ通用するか。リドリーの汚名返上はなるか。今のパッツのラン攻撃にはいつロングゲインが飛び出すかわからない期待感がある。試合終盤の相手が疲れたところで一発ぶちかませれば最高なんだけどな。先週のIND戦で全スナップ起用されたフーマンなどブロッカーの使い方にも注目。

次にポイントになるのがランとパスのバランス。いくらランが出せてもそれだけで押せるような試合展開には絶対ならない。パスをある程度投げなきゃいけない時間帯がきっとくるので、そのタイミングの見極めとさじ加減が大きなカギを握る。焦ってパス連投になるような展開では厳しい。点差と残り時間をにらみながら、OCのマクダニエルズは難しいプレーコールを求められるだろう。

パスプロテクションはどうかな。今シーズンのブレイディの被サック数は40。マニングの倍以上もある。この試合でも何回か食らうだろう。ただブロンコスのパスラッシュは試合中ずっと脅威って感じではない。スタミナなのかプレーコールなのかはわからないが、どうも波がある印象を受ける。なので勢いに乗らせなければ十分いけるはず。ボン・ミラーがいない今回、ソルダーはずいぶん気が楽だろう。少しでもブレイディに時間を与えたい。

ブロンコスにとっての不安要素は間違いなくセカンダリー。クリス・ハリスの離脱はかなりの痛手のはず。手薄なところを徹底的に突いていきたい。個人的に不気味に感じるのはチャンプ・ベイリー。往年の凄みはなさそうだけど、だからこそこういう試合では怖い。スロットでの出場が続いてるみたいなので、エデルマンとの対決が増えるのか。ここは引けん。

加えてこの試合では3番手レシーバーがとても重要になると思う。マッチアップを考えても勝算は十分あるはず。この大一番、乾坤一擲の活躍を期待する。ただの個人的な思い入れなんだけど、頼むぜドブソン。将来エースになるためにも絶対に出てこい。そういやドブソンの身長を活かすような高いパスをまだ一度も見てないな。どこかで使うと面白いかも。

今シーズンの開幕前に想像したのとはまるで違う形になっているパッツのオフェンス。でも得点力は最終的にリーグ3位まで上がってきた。手持ちの武器を信じて強気でいきたい。そして最後は背番号12がなんとかしてくれるはず。


つらつらと書いてきたが、やはり戦力的には差があると見る。敵の火力ははっきり言って反則級。さらには苦手としているマイルハイ。天候もどうやら味方にならなさそうだ。きっと2か月前とはまるで違う試合になるはず。前回みたいなミスを犯したら虐殺劇が待っている。

ただプレッシャーが大きいのも間違いなく相手の方だ。スーパーボウルが当然のシーズンだと期待されてきて、ここでパッツ相手に負けて終わるわけにはいかないだろう。どうだいブロンコスの選手諸君。がっちがちに緊張しやがれ(えー)

名QB同士による息づまる熱戦が期待されてるだろうけど、パッツファンとしてはそんなのいらない。どんな形でもいいからただ勝ちたい。ペイトン・マニングのスーパーボウルへの帰還なんて感動的なシナリオをここで破り捨てたい。勝ちたいのだー!


ちなみに。このブログを始めたのは去年のAFCチャンピオンシップの前夜だった。あれから1年。ニューイングランド・ペイトリオッツはまた同じ舞台に帰ってきてくれた。それだけで十分すぎるくらいすごいことなんだけど、やっぱり僕は勝利の記事が書きたい。試合開始は日本時間の早朝5時。いざ勝負。
 
スポンサーサイト

« »

01 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。