ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地味な試合展開で寄りきっての2勝目

NFL > Patriots 2014-15

ディレイオブザ更新(あいさつ)

季節の変わり目ですね。みなさん風邪にはお気をつけください。これは言い訳です。

OAK.png 9 - 16 NE.png


率直な感想を一言で述べるなら「地味」。なんとも地味な勝利だった。きっと他チームのファンが見れば退屈なゲームだっただろう。試合時間もえらく短かったような気が。……ちなみにトータルの試合時間ってどこかのサイトで確認できますかね?

ディフェンスが非常に安定していたので終始負ける気はしなかったけれど、オフェンスの詰めが甘くてリズムに乗れず。最後は「やれやれなんとか勝ったかー」という感じだった。今年のペイトリオッツはひっそり地味に勝っていきます。


勝因は先週に続いてディフェンス陣。チャンドラーは2回のディフレクトなど今週も素晴らしい活躍。LB陣の寄せも鋭くて相手ランを抑えこむ。特にハイタワーはきてるね今年。パスもルーキーQBのデレク・カー(Derek Carr)に時折綺麗なパスを通されるものの、致命傷を食らうような不安はなく、精神衛生上非常によろしい。

では苦戦の要因はと言えば、それはOLの不安定さに尽きる。ジャスティン・タック(Justin Tuck)にサックを食らったが、1週目のウェイクといい、相手に一流パスラッシャーが一人いるだけでバタバタ振り回されているようではゲームメイクもへったくれもない。

せめてソルダー・ボルマーの両Tが安定していてくれればと思うが、二人ともぴりっとしない。んー。なんだろなこれは。絶対もっとやれる選手のはずなのに。また開幕から先発をまかされてきたRGのジョーダン・デヴィー(Jordan Devey)は現状ではちょっと厳しそう。PFFの評価でもワーストクラスで毎スナップ不安で仕方ない。

試合の最後もあっさり風味。パッツは3週続けて後半にタッチダウンが獲れず、追いつかれてのオーバータイム突入を覚悟した残り59秒。相手レシーバーが弾いたボールに背番号75が飛び込んだ。ヴィンス・ウィルフォーク(Vince Wilfork)のインターセプト。ごっつぁんです。

これで2勝1敗。内容はあまり誉められたものではないけど、それでも大切なのは勝つことだ。3連勝スタートだった去年だって不安だらけだったもの。これからチームがどう変わっていくのか楽しみだ。
 
スポンサーサイト

« »

09 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。