ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うるさいスタジアムを黙らせろ」なKC戦へ

NFL > Patriots 2014-15

キャセルと対戦することは二度とないのか(あいさつ)

まずはOAK戦の振り返りから。

OAK.png 9 - 16 NE.png

試合全体の中から特に取り上げたいのが、3Q残り2分21秒から始まったペイトリオッツのドライブだ。スコアは10-9。1点差に追い上げられた展開で、ブレイディはじめオフェンス陣のギアが一段上がる。TEティム・ライト(Tim Wright)への20ヤードパスを皮切りに、ランとパスを織り交ぜてゴールライン2ヤードまでぐいぐい進む。「ここで絶対タッチダウン獲ったるぜ!」というチームの決意が漲っていて、ぶっちゃけもらったなと思った。

が。ここからのたったの2ヤードが奪えない。ヴェリーンのラン、グロンクへのパス、アメンドーラへのパスがいずれも不発。今のパッツの不完全さが浮き彫りになったシーンだった。とりわけ最後のアメンドーラへのパスを、ブレイディがもう少しキャッチしやすいところへ投げていたら。きっとオフェンスは次の段階へと進むことができていた。今後のシーズンを考えても残念すぎる。


勇躍したディフェンス陣の中で、CBダレル・リーヴィス(Darrelle Revis)は5回のパスを通された。物足りないというファンもいるみたいだけど、僕はほとんど心配していない。見ていて危うい感じがしないからだ。これから試合を重ねるにつれてどんどんよくなる気配しかしない。たとえば12週目、つまりメガトロンとマッチアップする頃、リーヴィスがどうなっているのか期待して見守ろう。

相手QBのデレク・カーは何本かとても綺麗なパスを決めてきた。そのバリエーションを増やすことができればいいQBになるかもなー。ちなみに個人的に注目していたデナリアス・ムーアは、最後にカーからのパスを弾いてしまってインターセプトの原因に。いやそういう意味で注目したんじゃないのよ。つかもっと縦に縦に走らせたほうがいいタイプだと思ってたんだけどな。むー。


さて次はマンデーナイトに登場。怒号渦巻くアローヘッドスタジアムでのカンザスシティ・チーフス(Kansas City Chiefs)戦。ジャマール・チャールズ(Jamaal Charles)が復帰してくるらしく、ランディフェンスが厳しく試されそう。復帰指定で故障者リスト入りしたシールバー・シリガ(Sealver Siliga)の穴がそこそこ不安だ。見せてくれるかイーズリー。

オフェンスはとにもかくにもOL次第。コノリーをRGに回してウェンデルかストークがCに入るという予想がもっぱらだけど、果たしてどれだけやれるか。タンバ・ハリ(Tamba Hali)に蹂躙されるのは勘弁してくれよソルダー。パスプロさえまともならブレイディの歯車がそろそろ合ってくるはず。

シーズンの1Qの終わりに、いろいろと突きつけられそうな手ごわい相手。ここを乗り切れればチームとして自信が出てくるはず。勝機は十分あると見る。
 
スポンサーサイト

« »

09 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。