ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レギュラーシーズン最終戦でビルズに敗北

NFL > Patriots 2014-15

ベースボールカフェでNFL談義に花が咲く(あいさつ)

んー。だからこういう試合をやってもらいたくなかったんだよなー。

BUF.png 17 - 9 NE.png

消化試合ということで先発を6人ほど休ませたビルズ戦。まあプレシーズンの第3週って趣だった。グロンクもエデルマンもいないオフェンスは、湿りっぱなしでTDゼロ。勝敗以外の数字に無頓着なのはいいことだとは思うけど、ホームでの連勝やらなんやらが止まってしまったのはファンとしてはやっぱり残念だ。ブレイディも前半だけの出場で、負けているのに後半はガロッポロにバトンタッチした。

 トム・ブレイディ パス成功8/16回・80ヤード・QBレイティング64.6
 ジミー・ガロッポロ パス成功10/17回・90ヤード・QBレイティング73.2

この数字だけを取り上げて何かを言うつもりはない。ガロッポロは特徴的な半身の体勢からのクイックスローを含め、自分の持ち味をいくつも見せてくれた。インターセプトやファンブルがなかったのも好印象。それにしてもまさかパッツでリードオプションプレイが見られる日がくるとは思わなかったなー。

んーと。武器不足の状況でTDが獲れなかったのは別に構わない。ただ残念だったのは一度も3rdダウンコンバージョンをパスで更新できなかったこと。当たり前ではあるけれど、まだまだ実力不足と僕は見た。

ディフェンスについては合格点。前半たたみかけられた時はどうなることかと思ったけれど、後半は見事シャットアウト。後半に限って言えば、最近4試合で合計わずか6失点のみ。ハーフタイムでのアジャストメントがとても上手くいってる証拠だろう。プレイオフも頼むぞパトリシア。

ま。消化不良な敗戦だったことは間違いないけれど、本番に向けてしっかり休養が取れたことを前向きに捉えよう。ディヴィジョナル・プレイオフの相手はINDかCINかBALか。どこが相手でもそんなに変わらない気はするけど、個人的にはBALがイヤかなあ。つかフラッコがイヤだ。ワイルドカード・プレイオフはどれもじっくり見させてもらいます。



はてさて。早いもので今年も最後の更新となりました。たぶんこれで58本目の記事。なんとか週1回以上のペースではこれましたが、来年はもう少し増やせたらなと思っています。訪問してくださる方の数も少しずつ増えていて、とても心強く感じています。本当にありがとうございます。

それではニューイングランド・ペイトリオッツ4回目の大願成就を祈願しつつ。みなさまよいお年を!

141231_001.jpg
落ち着いたクォーターバッキングを見せたジミー・ガロッポロ
[Photo:Patriots.com]
 
スポンサーサイト

「いいから気持ちよく年を越そうぜ」なBUF戦へ

NFL > Patriots 2014-15

仕事がオーバータイム突入中(あいさつ)

今さらではあるがプロボウルのメンバーが選出された。ペイトリオッツから選ばれたのは以下の5名。

QB トム・ブレイディ(Tom Brady)
TE ロブ・グロンコウスキー(Rob Gronkowski)
CB ダレル・リーヴィス(Darrelle Revis)
K ステファン・ゴスコウスキー(Stephen Gostkowski)
ST マシュー・スレイター(Matthew Slater)

うむ。まあいずれも納得の選出。でも来年はデヴィン・チャンドラー・ハイタワー・ジェイミーあたりも選ばれてもらいたい。ニンコビッチも十分その資格はあると思うんだけどなー。やはりサック数を稼がないとダメなのか。

さて。レギュラーシーズン第17週、つまり今年の最終戦の相手はバッファロー・ビルズ(Buffalo Bills)。既にAFCの第1シードを決めているペイトリオッツとプレイオフの望みを絶たれているビルズ。互いのモチベーションがどうなのか正直わからないところではある。

ただ。NFLには負けていい試合なんてない、というのが僕の持論である。さすがにプレシーズンは除くが。

ましてや明日はホームで同地区相手。ここでヘンな試合をやっているようではプレイオフにも差し支える。きっとベリチックもそう考えるんじゃないだろうか。ケガの不安がある何人かは休ませたとしても負けるわけにはいかん。あのリーグ屈指のDLをきっちり攻略してオフェンスの調子をもう一度取り戻してもらいたい。

とにかく負けるのはイヤだ。常に勝利にこだわってこそパッツ。勝って2014年を気持ちよく締めくくってくれ。
 

進まない攻撃を他でカバーしてジェッツに辛勝

NFL > Patriots 2014-15

スケジュール・ストレングスがきつすぎる。忘年会の(あいさつ)

MIA戦の振り返りもできてなくてすみませんがNYJ戦がやってきたのです。

NE.png 17 - 16 NYJ.png

オフェンスが試合を通じて機能せず。ジェッツらしい攻撃的なディフェンスにペイトリオッツのOL陣がたじたじ。エデルマンとブラントが欠場していたこともあって突破口が見つけられなかった。

後半はノーハドルの割合を増やしてテンポを上げるも突き放せず。んー。ちょっと選択肢が少なすぎたかな。ティム・ライトは1レシーブのみ。ブライアン・ティムズもどうしたー。

ディフェンスもいろいろ仕掛けてくる相手に対してなかなか上手くはまらず。ジェイミーのINTやハイタワーの値千金のQBサック、さらにはFGを防いだウィルフォークのチップなんかがなければ危なかった。ぎりぎりのところで凌いだ印象。

それにしてもジェッツとはよくよくFG絡みのドラマがある。前回の対戦でも最後に試合を決めたのはクリスのFGブロックだったからねー。アメンドーラのリターンといい本当にスペシャルチームはパッツの大きな武器だ。

ちなみに殊勲のウィルフォークについてはデヴィンが 'Air Wilfork' なるニックネームを進呈。こんなイカした画像をTwitterに上げていた。



とにかく勝ち切ったことを素直に喜びたいけど、ちょっとイヤな感じの試合をしてしまったのも事実。来週のレギュラーシーズン最終戦ではぴりっとした試合がしたいところだ。

あ。ドルフィンズ戦の振り返りも改めてやるつもりでいますよ。二日酔いの合間を縫って(えー)

6年連続AFC東地区制覇!

NFL > Patriots 2014-15

この座は譲らない(あいさつ)

6年連続のAFC東地区制覇。
2001年からの14シーズン中12回目の地区優勝。

この事実の何たる重み。

うおおー。凄い。ファンとして心の底から感謝。他チームのファンの方から「NEファンは地区優勝くらいじゃよろこばないんでしょ?」って言われたりするけど、そんなわけない。今年も拳を握って叫んだくらいにうれしい!

MIA2.png 13 - 41 NE.png

開幕戦のリベンジ完遂。

「開幕戦の借りを熨斗つけて返せ」なMIA戦へ

NFL > Patriots 2014-15

選挙もNFLも大切(あいさつ)

チャージャース戦で話題になっていたのがペイトリオッツファンの多さ。SDの攻撃中にはっきりノイズが聞こえてたもんね。さらにはブレイディコールすら。ファンがつくってくれたいい雰囲気にはベリチックも感謝の意を表していた。

NE.png 23 - 14 SD.png

twitterでもつぶやいたのだけど、今週はめちゃくちゃうれしいニュースがあった。AFCスペシャルチーム部門の週間MVPにライアン・アレン(Ryan Allen)が選出されたのだー。

SD戦でアレンは最長60ヤードを含む5本のパントを蹴って平均49.4ヤードを記録。そのうち4本を敵陣20ヤード以内に決めるという見事な活躍だった。ルーキーだった昨シーズンから安定したパフォーマンスを見せているアレンの受賞はパッツファンとして本当にうれしい。

パンターっていうのは苦しい試合ほど出番が増えるポジション。そこでチームを踏ん張らせるのが仕事なわけで、地味だろうがなんだろうがとっても重要だ。前任のメスコも好きな選手だったのだけど、アレンにはさらに長くペイトリオッツで活躍してもらいたい。おめでとう!


前回の記事でうっかり書き忘れてしまったが、ディフェンスではアキーム・エイヤーズ(Akeem Ayers)も狙いすましたインターセプトを奪って勝利に大きく貢献してくれた。パッツに移籍してきてまだ6試合なのに既に3.0サックを決めている。DEでもOLBでも使えてやっぱりいい選手だよなー。


さて。僕は第8週を迎える段階で、「今年の正念場が始まる」と書いた。CHI・DEN・IND・DET・GB・SDと続く6試合をどんな成績で乗りきれるのかと。

結果は知っての通りで5勝1敗。錚々たるQBたちを相手にしてのこの成績はぶっちゃけ期待以上だった。チームとしての完成度はずいぶん上がってきていると思う。はっきり言って強くなってきた。

そしてここからは問答無用の同地区3連戦。勢いを落とさずに最後まで一気に駆け抜けたい。

まずはマイアミ・ドルフィンズ(Miami Dolphins)をジレットで迎え撃つ。開幕戦のひどい黒星の借りを意地でも返さなきゃならん。勝負のポイントはもうこの名前一つでいいんじゃないかと思う。キャメロン・ウェイク(Cameron Wake)。彼を止められさえすれば後はきっと大丈夫。頼むぞボルマー。

勝てば6年連続での地区優勝が決まる。絶対にここで決めてしまいたい。
 

ストレスフルなガマン比べもチャージャースを撃破

NFL > Patriots 2014-15

審判に横取りされたピック6(あいさつ)

あれのどこが反則なんだよふざけんな。ブラウナーの正当なハードヒットとデヴィンのインターセプトリターンTDを返しやがれ。

NE.png 23 - 14 SD.png

とまあイライラした書き出しをしてしまったわけだが。いやはやストレスのたまる試合だった。ディフェンスとスペシャルチームの奮闘にオフェンスがまるで応えられずに4Q途中までリードを許す展開。しかも14失点のうち7点はラフェルのファンブルロストで食らったやつだから。やれやれだ。

先週のGB戦に続いてOLが不安定なパフォーマンス。それに引きずられてかブレイディもどうも地に足が着かない印象だった。前半最後に食らったINTとかちょっと拙すぎる。まるでIND戦の焼き直しを見てるようだった。4Qに唐突に飛び出したエデルマンの69ヤードTDレシーブがなければどう転んだかわからなかったなー。

一方でディフェンスはトータルで216ヤードしか許さない素晴らしい出来。特に後半は完全にチャージャースを支配できていた。中でも光っていたのがジェイミー・コリンズ(Jamie Collins)。ハイタワーの欠場でシグナルコーラーをまかされた中で鮮やかに2サックを決めてみせた。特に2本目はクイックネスで敵を軽々とあしらった美しいサックだった。見れば見るほど好きになる選手だ。

他にも復帰指定IRから戻ってきたシールバー・シーリンガ(Sealver Siliga)がいきなり存在感を発揮したり。リーヴィスがキーナン・アレン(Keenan Allen)を完全に消し去ったり。途中からアントニオ・ゲイツ(Antonio Gates)のマークに回ったデヴィンがさすがのカバーを見せてくれたり。DCのパトリシア含め全員よくできました!

さらにはナイスパントを連発したライアン・アレン(Ryan Allen)や強烈なパントブロックを見舞ったボールデンなどスペシャルチームも抜群だった。いまのSTはリーグでも屈指のレベルになってるんじゃないかと思う。

ま。とにもかくにも勝ててよかった。地区優勝に大きく近づく貴重な1勝だ。
 
141210_001.jpg
QBサックを決めるジェイミー・コリンズ
[Photo:Patriots.com]
 

「大好きな12月がやってきた」なSD戦へ

NFL > Patriots 2014-15

ウッディとも対戦したかったなー(あいさつ)

いやもっと早く更新したいのは山々なんですが。思うにまかせぬ師走の忙しさよ。

GB.png 26 - 21 NE.png

試合をもう一度見返しての最初の感想は「GBはいいチームだわー」(えー)。ペイトリオッツの弱いところ・嫌いなことをとても効果的に突いてきた。

たとえばパスラッシュ対策。チャンドラー不在のいま、パッツのパスラッシュで最も怖いのはニンコビッチ。彼をスクリーンやらなんやらでパスカバーに回らせる機会を多くしてロジャースへのプレッシャーを削いだ。

たとえばパスカバー。パッツのレシーバー陣に対してかなりの接近戦を挑むアグレッシブな構え。純粋なディープスレットがいないと見て、裏を取られることを怖がらずにガツガツきた。

それでも最後まで食い下がれたのは地力がある証拠だと思うけど、弱点扱いされた若手たちにはもっと奮起を促したい。ローガン・ライアン(Logan Ryan)はルーキーのダヴァンテ・アダムス(Davante Adams)にやられすぎ。ドミニク・イーズリー(Dominique Easley)はまだまだ輝きを見せられてない。パッカーズレベルのチームを倒すためには彼らのような二番手・三番手の選手の活躍が欠かせないと思う。がんばってくれー。

勝敗を大きく左右したのは前半残り1分9秒から始まったGBのドライブ。最後のジョーディ・ネルソン(Jordy Nelson)のスラントから45ヤード走りきられたTDレシーブはまさに痛恨の極みだった。とびきりの切れ味と加速力。一瞬逆を突かれたとはいえデヴィンが追いつけないとは思わなかったなー。

後は箇条書きでいくつか。

・エイケン負傷のためニンコビッチがロングスナッパーを務めた。ちょっと弾道がブレたのが何回か。いやマジで心臓に悪いのでやめてください。

・RBの先発はまさかのブランドン・ボールデン(Brandon Bolden)。どういう理由でいきなり出番を増やしたんだろな。でもTDランはお見事でしたー。

・やっとやっと巡ってきたプレイ機会にハムストリングを痛めてしまったドブソン。そのままIR入りで印象は最悪。昨シーズンから何一つ上積みを残すことができなかった。来シーズン開幕時にロスターに残っているか怪しいレベルだぞ……。でも僕は引き続きえこひいきしていくんで(えー)。来年こそは頼む。

・結果論ではなく4Q最後の4thアンド18はギャンブルすべきだったと思うなー。あそこでマクダニエルズがどんなプレイを選ぶのか見てみたかった。



次なる相手はサンディエゴ・チャージャーズ(San Diego Chargers)。4連勝・3連敗・3連勝とかまあ出入りの激しいシーズンを送っているようだ。

ペイトリオッツはグリーンベイからボストンに戻らずにそのまま敵地入りして調整してきた。気温の変化への順応はばっちりできたはず。ここで連敗するわけにはいかん。

いよいよパッツが大の得意とする12月だ。過去5シーズンの成績も19勝3敗。温暖なサンディエゴとはいえ自信をもっていきたい。
 

パッカーズに食らいつき続けるも悔しい敗北

NFL > Patriots 2014-15

なんという緊張感のあるゲーム(あいさつ)

悔しい。NFLの魅力がぎゅっと凝縮されたいいゲームだったと思う。でも悔しい。

GB.png 26 - 21 NE.png


パッカーズは強かった。確かに相手が一枚上だった。

でももう一回やりたい。もう一回やって次は倒したい。そう誰もが思ったゲームだったはず。ファンとしてもそう願う。

それにしても……だ。

アーロン・ロジャース(Aaron Rodgers)はとんでもないところまでいってんなー。
 

「ついに実現する背番号12対決を見逃すな」なGB戦へ

NFL > Patriots 2014-15

まったく時間がとれなかったので本気で書きなぐり(あいさつ)

DET.png 9 - 34 NE.png

ディフェンスできらりと光っていたのがパトリック・チャン(Patrick Chung)。得意のランサポートだけでなくパスカバーでもなかなかの仕事ぶりだった。

オフシーズンに戻ってきたときにはあくまでバックアップ要員だと思っていたのだけれど、どうしてどうして先発の座をがっちり確保。今シーズンここまでの守備の安定に貢献している。なんでもできるスーパーなタイプではないが、役割をはっきりさせてやれば十分に計算の立つ選手。デヴィンやリーヴィスという一流どころに囲まれて仕事がやりやすそうに見える。まあ一方でタボン・ウィルソンやデュロン・ハーモンの若手組に早くチャンを追い抜いてもらいたい気持ちもあるんだけどね。

オフェンスでは2TDレシーブのティム・ライト(Tim Wright)の名前を挙げておく。相手のミスでもあるけどレッドゾーンで上手くフリーになれていた。ESPNによると、彼についてはちょっとびっくりする数字がある。今シーズン合計26回パスターゲットになっていて、そのうちの23回もキャッチしているのだ(うちTDキャッチが6)。確率に直すと約88%。全体の数が少ないとはいえ、これはちょっとすごい。エデルマンもグロンクもラフェルも70%にさえ届かないからね。相手にとってイヤな選手がまた一人というところ。



さてさて。もう3時間後くらいに試合が始まってしまうけれど、次なる相手はグリーンベイ・パッカーズ(Green Bay Packers)。場所は説明不要のランボー・フィールド。シーズンスケジュールが発表された時に、敗北の可能性が一番高いと思った試合がこれだ。そしてその気持ちは今この瞬間も変わっていない。

ついにトム・ブレイディとアーロン・ロジャースが相まみえる時がやってくる。4年前の対戦ではロジャースを温存されたんだよね。その試合はマット・フリンに投げられまくったが、パッツはなんとか勝った。今でも思うのだけど、パッカーズはあの時ロジャースを出すべきだったんじゃないだろうか。完全なる素人の持論だけれど、NFLには負けてもいい試合なんてないと僕は思う。

というわけなので。正真正銘最強レベルの相手ではあるが、負けてもいいなんて気持ちは微塵もない。予想すればするほどさすがに厳しいかなというのが本音だけど。それでもタダでは負けられん。

え?スーパーボウルの前哨戦? ……あのね。こんな時期にそんな浮かれたことを考えるほどパッツファンはウブじゃないってば。
 

« »

12 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。