ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死闘の先に待っていた4回目のスーパーボウル制覇

NFL > Patriots 2014-15

ビールが片っ端から涙に変わる(あいさつ)

数えきれないくらいの選手の名前が頭をよぎる。本当にありがとう。できれば全員をあの場に立たせてあげたかったな。

NE.png 28 - 24 SEA.png

紙一重で制した。

最高の王者を倒した。

ついについについに届いた。

10年ぶり4回目のスーパーボウル制覇。

ニューイングランド・ペイトリオッツがNFL王座を奪還。



全てのパッツファンへ。

や。言葉なんていらないか。

んじゃまあ勝手ながら。いくぜ。せーのっ!

乾杯っ!!!


スポンサーサイト

「勝利を。ただ勝利を」な第49回スーパーボウルへ

NFL > Patriots 2014-15

明日のビールは甘いか苦いか(あいさつ)

現在、日本時間2015年2月1日23時55分。あと8時間半ほどで第49回スーパーボウルが始まる。対戦カードはニューイングランド・ペイトリオッツ対シアトル・シーホークス。否が応でも胸が高鳴る。"DefraitGate" の真相はいまだ藪の中ではあるけれど、ひとまず僕は全力で勝利を願うと決めた。

今シーズンのNFLで、ペイトリオッツの次にたくさん試合を観たのがシーホークスだ。彼らが初制覇を果たした去年のスーパーボウルを観て、僕はこんな記事を書いた。

 SUPER BOWL XLVIIIを外野から振り返るなぐり書き 

SEAがやってみせたのはポケットパッサー殺しの一つの理想形。あの衝撃は今でも鮮やかだ。あれから1年、「どうすればやつらに勝てる?」という問いが頭に引っかかったままだ。だからシーズン途中の足踏み具合には内心しめしめと思ってた(えー)

ところがだ。最後の敵はやっぱり彼らになった。やれやれ。強いもんは強い。そういうことだろう。専門家の見立ても明らかにSEA有利らしい。惨敗するんじゃないかという声もある。ま。そんなもんだろうと納得する部分もある。

だけど、きっとそうはならない。ペイトリオッツもちゃんと強い。いい試合はできるだろうという自信めいたものならある。

SEAのディフェンスをどう破るか。素人ファンにその難問が解けるわけもないけれど、それでも一つ仮説は立てた。SEAディフェンスの最大の強みは、選手の迷いのなさだろう。だとすると、どれだけ強力で武器あっても真正面からぶつけるのは上手くない。「わかっていても止められない」タイプの王道的なオフェンスで勝つのは無理なんじゃないだろうか。絶対的なRBやWRが一人いてもダメ。勝てるとしたら「何をやってくるかわからない」タイプのオフェンスだという気がする。頭を使わせて迷わせて、たとえわずかでも出足を鈍らせるような。

そしてNFLで一番それができるのは、きっとペイトリオッツだ。対SEAディフェンスという視点なら、GBやDENよりもNEだろうと僕は踏んでいる。

今シーズン前半のパッツオフェンスのテーマは、極論すれば「ロブ・グロンコウスキーの復活」だった。そしてグロンクの完全復活後は「さらに多彩なオフェンスの構築」が新たなテーマになったように思う。意図的にプレイブックをぶ厚くしてきた印象を受けるのだ。

それがこのスーパーボウルで大きな強みになってくれはしないか。一つがダメでも次の手がある、それがダメでもさらに次がある。ジュリアン・エデルマンやブランドン・ラフェル、シェイン・ヴェリーンやルギャレット・ブラント。スーパースターとは呼べなくても、一刺しできる武器をそれぞれ持っている。後はトム・ブレイディがトム・ブレイディでありさえすれば。豊富な選択肢と意表を突くプレイ選択で、大胆に挑んでもらいたい。

一方のディフェンス。ある程度の失点は仕方ないだろう。ただ個人的に気になっているのが「ディフェンス陣の体力をどれくらい後半に残せるか」だ。

今のペイトリオッツは明らかに後半強くなる。たとえ前半が劣勢でも、ハーフタイムを挟んでアジャストできる可能性は高い。だから失点そのものだけでなく、どれくらい時間と体力を削られているかも注目したいポイントになる。

マーション・リンチのランがとにかく脅威だが、あれほど明快な相手の武器にパッツが指をくわえたままやられるとも思わない。ヴィンス・ウィルフォークのキャリア集大成を見せてもらいたい。

SEAのレシーバー陣は決して侮れないけれど、そこでの勝負なら十分計算が立つ。今シーズンの最大のテーマだったセカンダリー強化についてははっきり成果を挙げてきた。ここでダレル・リーヴィスやデヴィン・マコーティが振り回されるようではそもそも試合にならない。

後はこの準備期間でどれだけラッセル・ウィルソン対策を練ることができたか。きっとビッグプレイが必要になる。どんな形でもいいから、どこかで一つターンオーバーが奪えれば……。


さあ。あれこれ言うのはここまで。スコア予想なんてできない。ただ勝ちたいだけだ。いざ決戦の朝がくる。
  

« »

02 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。