ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEEK2感想「新生ビルズに沈黙を贈る」

NFL > Patriots 2015-16

空気入れはいくつ売れたの?(あいさつ)

乱れ飛ぶイエローフラッグ。そのあまりの多さに、見ているこっちまでダレてくるような試合だった。両チーム合わせて反則25回(NE11回・BUF14回)。や、そういうのいらないから。

NE.png 40 − 32 BUF.png

幕開けは絶望的。ビルズのファーストドライブで何の抵抗もできないままタッチダウンをむしり取られた。爆発するくらいに盛り上がるラルフ・ウィルソン・スタジアム。

おそらくビルズ史上最大音量でのクラウドノイズが轟きわたる中、それでもペイトリオッツは巻き返す。2本目のドライブは5プレイ・2分30秒の速攻で最後はエデルマンのTDレシーブ。1Q中に追いつけたのが大きかった。

その後は攻撃力全開放。復帰したブラントはほとんど使わず、ブレイディがひたすら投げまくった。ディフェンスも前がかりにしてビルズの勢いを削ぐことに成功。要所での相手のペナルティにも助けられて、3Q終了時点で24点差をつける余裕の展開になった。

が、そこからビルズに予想外の逆襲を食らってしまう。ファンブルロストや4thダウンギャンブル失敗で隙を与えてるうちに3連続TDで5点差にまで迫られた。それまで静かだったスタジアムにクラウドノイズが戻ってくる中、狙ったかのように飛び出したのはダニー・アメンドーラの空中アクロバティックキャッチ!それをFGへとつなげてトドメを刺した。

つ……疲れたー。あんな展開で負けたらいろいろ取り返しがつかなくなるところだった。

試合を通じて嬉しい誤算だったのがOL陣。相手の強力DL相手に互角以上に渡り合えてた。マリオ・ウィリアムスなど錚々たるメンツに仕事をさせず、ブレイディの被サックは2回のみ。ポケットには十分な余裕があった。

そうなると今のグロンクとエデルマンを止める術はほとんどない。2人合わせて210ヤード・3TD。あのスーパーボウルを経験してさらに進歩した感がある。

が、それはそれとして。このブログ的にはあの男の貢献を取り上げないわけにはいかない。2013年ドラフト2巡WBアーロン・ドブソンが7キャッチ・87ヤードを記録。やたー。基本的にイージーなコールばかりだったけれど、それでも戦力としてしっかり組み込まれているのが嬉しい限りだ。彼のパッツでの今後を考えても重要なステップになるはず。次はぜひディープを1本狙わせたい。

この試合で最も目立っていたのはRBディオン・ルイス。7キャリー・40ヤードの走りに加えて6キャッチ・98ヤード。まさにヴェリーンの後釜らしい活躍だった。パッツで化ける気配が漂ってきてる。シーズンが終わる頃には誰もが彼の名前を覚えてるかもね。

でもファンブルリスクがなあ……。2試合続けて簡単にファンブルするRBを中心に据えるのはやはり抵抗がある。去年までいたリドリーがファンブルしたら即下げられてたけど、ルイスのボールセキュリティはリドリーより数段ひどいと思う。次やったらしばらくベンチでいい。

そしてディフェンス陣。ルショーン・マッコイに89ヤード走られたのは十分許容範囲内だろう。一方で巧みだったのが、ハイタワーのブリッツなどを織り交ぜながらDL全体でプレッシャーをかけてQBタイロッド・テイラーの自由を奪ったこと。決して圧倒したわけではないけれど結果的に8サック・3INT。

が、そんな数字を残しておきながら32点も取られてはダメだ。テイラーの自信をバッキバキにへし折るチャンスだったのに、4Qだけで3TD許すとか話になんない。

特に悪い意味で目立ってしまったのがフレッチャー。この試合では4番手CBに降格。19スナップという少ない出番の中で、ハービンやワトキンスに軽々とぶち抜かれた。単純にスピードだけで裏を取られてるからなー。早めに手当てしないと狙われ続けてしまう。

3Mのデッドマネーを払ってまでアーリントンを切ったのに、新しく入れたベテランがこの状態なのはちょっとしんどい。やはり最大の課題はCBということになりそうだ。やれやれ。


ま。何はともあれ敵地での同地区対決に勝てたのは大きい。すこぶる大きい。この調子で一つずついきたい。
 

スポンサーサイト

« »

09 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。