ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEEK13展望「ここが正念場の鷲退治」

NFL > Patriots 2015-16

サップさんは黙ってて(あいさつ)

DEN戦の感想がどうも上手くまとまらないので、先に次戦のプレビューから書くことにする。


今シーズン初めての敗戦の後。ホームに迎えるのはフィラデルフィア・イーグルス(Philadelphia Eagles)。

今シーズン一番重要な試合。僕は勝手に思っている。ソルダー・ルイス・エデルマン・アメンドーラに続いて、ついにはグロンクまで巻き込まれた、オフェンスのキープレイヤーたちのケガ・スパイラル。さすがにこれは完全に危険水域を超えている。

が。それでもここで連敗するようなことがあれば、チームの勢いが大きく失われかねない。最も苦しい状況だからこそ、最も勝たなければならない。これはそういう試合だと思う。

イーグルスはここまで4勝7敗という期待はずれな成績で、鬼才HCチップ・ケリーの去就についてもいろいろ噂が出ているとか。選手の顔ぶれもここ数年でびっくりするくらい変わっていて、ちょっと迷走している感はある。

QBはサム・ブラッドフォードがケガから復帰してくるそうだ。ラムズ時代の2012年に当たったことはあるものの、ペイトリオッツの大勝だったこともあってあんまり記憶に残ってない。ちなみに僕のブラッドフォードに対する印象は、「ハンドオフフェイクがていねいで上手い」ってことだったりする。今シーズンの成績も11TD・10INTということなので、決して好調とは言えなさそうだ。

相手オフェンスで特に注意したいのはセレックとアーツのTEコンビ。やっとジェイミーが病気から復帰できそうなのは心強い。

何試合か見たところでは、PHIのディフェンスにはそれほど怖さがない。ブレイディが普通の調子であれば、オフェンスはしっかり進めるはず。ここまで物足りない成績しか残せていない、WRブランドン・ラフェルとTEスコット・チャンドラーはぜひ奮起を。アメンドーラも戻ってこれそうだけど、正直あまり無理はさせたくない。

ここを勝てれば先々がぐっと楽になる。ペイトリオッツの逆境での強さを見せてもらいたい。でもケガだけは勘弁な。
 
スポンサーサイト

« »

12 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。