ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEEK3感想「チーム・ベリチックの新たな奇跡」

NFL > Patriots 2016-17

リードオプションなんてNEのプレイブックに載ってたっけ? (あいさつ)

NO BRADY,
NO GAROPPOLO,
NO PROBLEM.

HOU.png 0 - 27 NE.png

やべえええ!パーフェクトだあああ!

ごめん取り乱した。でもこう叫びたくなる気持ちをわかってもらいたい。これ以上ない完ぺきな試合運び。奇跡かよ。世界中のNFLファンも想像できなかっただろう。トータルヤードでも1stダウンの回数でもボールポゼッションでも負けているのにスコアは27-0。まさにチーム・ベリチックにしかできない芸当だ。

誰をMOMにするべきか大いに迷う会心の勝利。サイラスだけはリターン練習100本な。

- スペシャルチーム -

勝利を手繰り寄せた最大の原因はスペシャルチームの活躍だ。相手のパントリターンとキックオフリターンで一つずつファンブルを誘いテイクオーバーを奪ってみせた。常に全員でボールを狙う危険な奴ら。2週目にして今シーズンもいい仕上がりだ。

Pのライアン・アレン(Ryan Allen)は7本中6本を20ヤード以内に落として相手をフィールド深くに釘付け。最長57ヤードと飛距離も十分で、ほぼ完ぺきな出来だった。アレンは昨シーズンからまた成長してる。長くチームに貢献してもらいたい。プロボウル狙っていこうかー。

- オフェンス -

オフェンスについてはまずは何よりNFL初先発勝利を飾ったQBジャコビー・ブリセット(Jacoby Brissett)。パス成功11/19回・103ヤード・0INT。ランで8キャリー・48ヤード・1TD。OCジョシュ・マクダニエルズ(Josh McDaniels)の変幻自在のプレイコールに助けられながら、終始冷静にチームをリードした。

中でも相手ディフェンスを全員欺いたロールアウトからのTDランは痛快だった。やられたほうはめっちゃ悔しいよねあれ。10ヤード以上のパス精度はまだまだプロレベルに達していないので将来については何とも言えないけど、とにかくターンオーバーを食らわなかったのが偉い。メンタル面はなかなか強そうだ。

ランは前半なかなかヤードが稼げなかったものの、後半はOLの左サイドを中心に相手DLをコントロールすることに成功。ブラントの41ヤードTDランも飛び出した。LGジョー・テューニー(Joe Thuney)やFBのジェイムズ・デヴリン(James Develinng>)がコンスタントに穴を空けてたね。デヴリンはチーム内での評価も高くて頼れるやつだ。他チームのFBをぜんぜん知らないのだけど、たとえどこへ行ってもやれると思う。

ちなみに今シーズン初登場となったグロンクは限定的な起用で0キャッチ。すげー珍しい。次週以降に向けていいウォーミングアップにはなったかな。

- ディフェンス -

先に述べたスペシャルチームの貢献もあってディフェンスはまさかの0封劇。

中でもLBジェイミー・コリンズ(Jamie Collins)は無双状態。フィールドを縦横無尽に駆けて14タックルを積み上げた。2試合連続のインターセプトも相手QBオスウィーラーの狙いを完全に読み切ったもの。見ないと損をするレベルのプレイヤーだと思う。CARのキークリーの向こうを張ってNFLのNO.1LBまで登りつめてもらいたい。

心配されたセカンダリー陣も、ディアンドレ・ホプキンスとウィル・フラーのWRコンビにビッグプレイを許さず。CBとSの縦の連携が良好で常に監視下におけていた。ホプキンスにはいくつか素晴らしいキャッチを披露されたが十分想定の範囲内。ローガンがいい仕事してくれた。バトラーも新人フラーに経験の差を見せつけたね。HOUはTEやRBへのパスプレイが少ないのが弱点かな。どれだけ破壊力があっても一つや二つのホットラインだけではペイトリオッツは崩せない。

- MOM -

といった風にほぼ全員が活躍した完ぺきなゲームだったのだが、中でもあえて僕がMOMに推したいのがLTネイト・ソルダー(Nate Solder)だ。テキサンズの強力DLからブリセットを守り続けただけでなく、ランブロックでも鋭さと力強さを発揮。後半をランでコントロールできたのはソルダーの力が大きいと思う。前への機動力は彼本来の持ち味で、それが随所に見られたのがうれしい。この調子で出場し続けてくれれば契約再延長も見えてくるはず。改めてQB陣を頼む。



3勝0敗。トム・ブレイディ不在で開幕3連勝。言葉がない。

2016-17シーズンも、ニューイングランド・ペイトリオッツは、強い。
 
160924_001.jpg
自らエンドゾーンに飛び込むジャコビー・ブリセット
 
スポンサーサイト

« »

09 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。