ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEEK7感想「ランブロックの強さで主導権を握る」

NFL > Patriots 2016-17

合掌ポーズ好きだったな(あいさつ)

DETからLBカイル・ヴァン・ノイ(Kyle Van Noy)をトレードで獲得。2014年のドラフト2巡・全体40位指名。ポジションニーズ的に意外な感じだけど活躍を期待したい。

 27 - 16 

CBマルコム・バトラーとWRアントニオ・ブラウンのマッチアップは見ていて楽しい。試合中の様子を見ていてもお互い認め合っているのが伝わってくる。51ヤードを1本通されてしまったけれど全体的にはバトラーの優勢勝ちと言っていいと思う。

特にレッドゾーンでのインターセプトは完ぺきだった。身体を入れてのジャンプ一閃。QBランドリー・ジョーンズに与えたダメージは小さくなかったはず。

それにしてもブラウンといいRBレヴェロン・ベルといいPITのタレントは恐ろしい。ベルのあの自在な加速感は守りづらすぎる。スクリメージへの突っ込みもスクリーンの受け方もバリエーションが実に多彩。ケガする前よりも怖さが増したかもしれない。

ペイトリオッツのディフェンスはあいかわらずパスラッシュが沈黙。そろそろ改善しないとヤバいレベルだ。だけどそれ以外はわりと安心して見ていられた。相手のTDが反則で取り消されたりFGを2本外してくれたりとラッキーな部分もあるけど 「曲がるが折れない」守備は健在。ただCBエリック・ロウがローガンを差し置いて全スナップに出場したのはかなり意外。カバーリングの面でわりと隙があるように見えるんだけど大丈夫かな。ちょっと注目しておこう。

オフェンスは試合を通してランでペースを握ることができた。RBルギャレット・ブラントは24キャリー・127ヤード・2TD。TEも加えたオフェンスラインのランブロックが上手くハマって大きな穴をあけ続けた。特に左サイドへの展開が効果的でブラントも気持ちよく走れたことだろう。ルーキーLGのジョー・テューニーは拍手もののパフォーマンス。もうすっかり先発として定着したなー。

オフェンス力の高さを見せつけたのは3Qで4点差に詰められた後のドライブ。3rd and 7からグロンクへの36ヤードTDパスで一気に突き放した。この場面のグロンクはスロットから縦にまっすぐ走っただけ。Sロバート・ゴールデンをスピードで振り切ってみせたのがスゴい。どんな場所からでもTDを狙いにいける雰囲気が出てきたんじゃなかろうか。

チームの士気がさらに高まる敵地での勝利になったと思う。



次はすこぶる重要なゲーム。4週間前に完封負けを喫したバッファロー・ビルズ戦となる。(前回の振り返り記事はこちら

ビルズは現在4勝3敗でAFC東地区2位。パッツとしてはここでビルズを叩ければ地区優勝に向けて大きく前進できる。前週は同地区のドルフィンズに破れ、さらには最大のキープレイヤーであるRBルショーン・マッコイが負傷。チームとしての勢いはこっちにありそうだ。

とは言え油断は大敵。相手は死に物狂いでくるはず。特に前回ウッズたちにしてやられたセカンダリーは反省を活かせるか。特にローガンのリベンジに期待する。ブレイディが投げるペイトリオッツがどれだけ別物かを見せつけてもらいたい。

スポンサーサイト

« »

10 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。