ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「燃料切れ間近のジェットを叩き落とせ」なNYJ戦へ

NFL > Patriots 2014-15

一つのプレイで人生が変わったりする怖さ(あいさつ)

次の試合がもう明日。サーズデーナイトはあんまり好きになれないなー。とりあえずBUF戦の補足の振り返りを。

NE.png 37 - 22 BUF.png

ニューイングランド・ペイトリオッツは後半4回のドライブすべてを得点に結びつけた(3TD・1FG)。前半終了間際のFGを合わせれば5ドライブ連続得点という離れ業。特に最後は3rd and 16を軽々とリフレッシュした後にロングパスでとどめを刺すという貫禄十分のドライブだった。

オフェンスラインではRTセバスチャン・ボルマー(Sebastian Vollmer)のパフォーマンスが安定。こちらもやっと本調子。

WRではブランドン・ラフェル(Brandon LaFell)が4キャッチ・97ヤード・2TDと活躍。アンダーニースでワイドオープンになった(相手のミスだけど)18ヤードも、ライン際に出てぶっちぎった56ヤードも、どちらも鮮やかなタッチダウンだった。

どうやらエデルマン(9キャッチ・91ヤード)に続く2番手WRは当面ラフェルということになりそう。ここまでレシーブ1回平均18.8ヤードと意外なビッグプレイメーカーぶりを見せてくれている。

昨日の記事で触れたビッグキャッチを決めたティムズだが、驚くべきことに参加スナップ数はわずかに8。その少ないチャンスを最高の形でつかまえたんだな。おめでとう!

ロブ・グロンコウスキー(Rob Gronkowski)は7キャッチ・94ヤードと全開モード。ただこの試合でのハイライトは、味方の反則で取り消された幻のTDレシーブ。高さと強さでディフェンスをねじ伏せるグロンクらしさ満点のプレイで、完全復活を予感させた。

ディフェンスで目立ったのはサックを3本まとめて決めたロブ・ニンコビッチ(Rob Ninkovich)。珍しく右側(QBのブラインドサイド)から決めた3Q最後のサックは、相手の反撃の勢いを削ぐ一撃だった。これでシーズン通算4サック。

チャンドラーのファンブルフォースQBサックからのそのままファンブルリカバーや、ジェイミーの完全に読み切ったインターセプトにも大拍手。

リーヴィスは注目の全体6位ルーキー、サミー・ワトキンス(Sammy Watkins)をべったりマーク。試合にほぼ関わらせなかった。カレッジ時代に見せていたあの恐ろしいランアフターキャッチに悩まされずに済んだね。もっとボールを持たせてくると思ってたのでちょっと意外。


レギュラーシーズン最終週で再び当たるビルズについてもちょっとだけ。ディフェンスで印象に残ったのがDEのジェリー・ヒューズ(Jerry Hughes)。アグレッシブにプレッシャーをかけてきて厄介だった。去年10サックも決めてる選手だとは知らなかったな。

ちなみに2013年ドラフト最上位指名QB、E.J. マニュエル(E.J. Manuel)は先発を降ろされてた。去年の開幕戦でぶつかった時に「いいQBになりそうだなー」と思ったんだけど、どうも成長度合いがイマイチらしい。NFLのQB選びは本当に難解だ。


さて明日のサーズデーナイトゲームでぶつかるのはニューヨーク・ジェッツ(New York Jets)。言わずと知れた同地区ライバルだが、現在5連敗中と絶不調のようだ。レックス・ライアンのクビも涼しくなってるとかなんとか。

2年目QBのジーノ・スミス(Geno Smith)が大苦戦中で、ここまで6つのタッチダウンに対してインターセプトが7。0-31と完封されたSD戦でのQBレーティングに至っては7.6だったらしい。や。さすがにそれは。

ペイトリオッツとしてはこの機に乗じてぜひとも叩いておきたい。メイヨの穴が不安なところだが、相手の攻撃力を考えればディフェンスはある程度計算できるはず。新人TEのジェイス・アマーロ(Jace Amaro)を上手く抑えられるか。

オフェンスはリドリー抜きでランアタックをどう構築するかが最大のポイント。個人的には単純にヴェリーンをエースとして使ってみたいけど。

パスアタックはブレイディの今の調子ならそれほど心配いらないか。調子に乗せてしまうとやっかいなチーム(およびヘッドコーチ)だけに、チャンスがきたら一気に畳みかけてしまいたい。またもや強力なDLが相手だが、パッツのOL陣もCIN戦・BUF戦である程度手応えをつかんだはず。自信をもって臨もう。

もちろんパッツが相手だと格段の闘志を燃やしてくるジェッツなので、諸々のデータは当てにならない。昨シーズンも大接戦の末に結局1勝1敗だった。だがホーム3連戦の初戦となるこのゲームは絶対負けられん。

ん。あえて書いておくぞ。こいつは "Must-Win Game" だ。
 
スポンサーサイト

Comments

勝って首位独走モードへ!
マンデーナイトでボコボコにされてからの立ち直りの速さは流石でした。
この2試合でのOLの改善具合には驚いた!
一気に定位置の首位独走モードへ入ってもらいたいところ。
メイヨとバリーンの不在でより難しい試合は続くかもしれないけど、壁を乗り越えてプレーオフへ向かうのも悪くないと思うので、まずはjetsを粉砕してもらいましょー!

ライバルとの決戦。

成績は関係なく熱いゲームになるでしょう。
個人的にはリービスのインターセプトに期待w

いい気分でビルズ戦を見終わったら、メイヨとリドリーがIR 入り。

個人的にはリドリーの穴はキャンプ中から評価の高かったWhiteとGrayが加わって、ボールデン、ベリーン達で何とか埋めてくれると思います。

メイヨに関しては痛すぎですが、コリンズとハイタワーを中心にあとはベリチックのやりくりに期待しますw
> ひでぼーさん
おひさしぶりです。コメントありがとうございます!

OLの改善はどうやってるんでしょうねー。
対戦相手の分析精度が上がっているとか?

ケガ人続出でアタマが痛いですがひとまず地区優勝を目指したいところ。
JETSには負けられません!
 
> ガストンさん
RBについてはこのJETS戦でどれだけやれるかが一つの試金石になるでしょう。
恐れずにランをコールしてもらいたいです。

LBはさすがに補強があるんじゃないかと思っています。トレードも含めて。
とにかくこれ以上のケガ人は避けたいですね。
 

いやー、ホントにヒヤヒヤでしたが素晴らしい勝利でした!
またラン出されてやがるぜ、やっぱ今年はライン戦厳しいなぁ(>_<)、ラン出されたら負けパターンやから嫌やなぁ(>_<)
と思って泣きそうでしたが、攻守ともなんとかこらえてくれてよかったです。
パッツにきてからそこまでいいとこがなかったアメンドラも、名誉挽回!
嬉しい活躍でしたね(*^^*)

OLに関しては、やっぱり相手のラッシュや構造の分析をコーチ陣含めて相当研究してるのかもしれないですね。
単純に力量だけではあそこまで改善できませんもんねー(笑)
この辺がベリチックの真骨頂という気がします…!
> ひでぼーさん
NFLを見れば見るほどOLって大事なんだなーと思い知らされます。

分析力がベリチックの真骨頂というのは同意ですねー。
どんなに頼りないチーム状態でもとりあえず勝負にはなってますから。
後半戦に向けてさらなる改善を期待です!







« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。