ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフからの準備が実を結んでブロンコスを撃破

NFL > Patriots 2014-15

わりと冷静。ジレットなら想像の範囲内(あいさつ)

あの差は縮まっていた。大きな自信になる勝利だ。

DEN.png 21 - 43 NE.png

圧勝できたのはスペシャルチームの差だ。特にエデルマンの84ヤードパントリターンTDは勝負の流れを決定づける一撃だった。

だけど勝利自体は偶然や幸運によるものじゃない。

この試合は「なぜブランドン・ブラウナー(Brandon Browner)をオフに獲ったのか」、その答えでもあったと思う。DENに勝つにはダブルトーマスとマッチアップさせられるフィジカルなCBが要る。9か月前の完敗でチームはそう考えたのだろう。そしてブラウナーはその重い要求によく応えてみせた。この試合の土台をつくったのは彼だと思う。

結果的にはマニングに438ヤード投げられたが、僕はわりと確信をもった。ペイトリオッツのパス守備はきっと誰が相手でも渡り合える。

そしてブレイディ。あのポケットワークの凄み。そうだね。つべこべ言わなくていい。

ブレイディがいる限りペイトリオッツは強い。
 
スポンサーサイト

Comments


気持ち良すぎるバイを迎えられて幸せです。

キレッキレのブレイディをはじめ、皆気合い入りまくってましたね。
特に誰と言えないくらい活躍してる選手が多かった印象です。
肝心なとこを守る&決めるで見てて爽快感がありました。
勝手に心配してたエデルマンも大活躍で、ごめんなさいという感じです(笑)
スケジュールは厳しいですが、今年こそPOをジレットでやりたいです
圧巻の勝利
いやー、本当に見てて気持ちがよかったですね。
シーズン序盤の不調から見事に立ち直るどころか、ここ数年で一番良い状態のブレイディと守備になってきましたね!
パッツらしい、器用なタレントをうまく散らして使うというのもできてて楽しいです。
リービスリービスって取り上げられがちですが、やっぱりブラウナーは鍵ですね。
パワフルなパスカバーに今後も何度も救われそうな気がしてます。

順調にスーパーまでつきすすんでいきたいところですね!
No title
こんな強いチーム相手に相手ホームで3週後に闘わないといけないなんて。。。

いやー見応えのある試合でした!
私はもちろん兄者のDENを応援するつもりでしたが、
パッツがブレディが絶好調でDBも素晴らしかったので、
はやばやと2Qに勝ちはほぼないだろうと諦めて、
プに向けて分析モードで楽しんでました。
前半DENのパスがことごとく通らないのを見て、
なるはさんが仰ってる、パッツの補強の効果を痛感して、
DENはウェアやワードでよかったんだろうかなんて考えちゃいましたw
ともあれ帰国したらじっくりコーチズフィルムで
見直したいくらい濃密な試合でした。

パッツが第一シードに突っ走る可能性は高そうですが、
まだ折り返しなので、これから目が離せないです!
とりあえず、バイ明けにラック君とよろしくお願いしますw


> まいたけさん
まさに高みの見物としゃれこめるバイウィークですねー。
エデルマンのパントリターンTDもキレッキレでした!

コーチも含めて全員気合入りまくりなゲームでした。
まだPOについて考えるには早いですがこの勢いをぜひキープしてもらいたいですね。
 
> ひでぼーさん
あの不調がウソのような復調ぶり。
いつもいつもペイトリオッツには驚かされてばかりです。

ブラウナーの荒々しいプレイにはちょっと懐かしさを覚えます。
これからの活躍にも期待大です!
 
> HJさん
おひさしぶりです。コメントありがとうございます!
いつもブログのほうは拝見してますよー。

今やリーグ最強D#を誇るチームが何をおっしゃるんですか。
さらにはメガトロンも戦列復帰とか。
ついに実現するミニトロンとの対決が楽しみです!
 
> Andrew mLuckさん
現地観戦おつかれさまでした!寒くなかったですか?

本当にいろいろと見どころの多い試合でした。
マニングらしいすんごいピンポイントなのも何本が通されましたしね。

次のDENとの対決は果たしていつ・どこでなのか。
どんな成り行きになるのか見守りたいところです。

3年目にしてフランチャイズQBの風格十分のラック。
ルーカスオイルでの対戦はぶっちゃけイヤなのですが……勝負です!
 

>なるはさん

雪こそやみましたけど、めちゃくちゃ寒かったです!
スタジアムがボストンから一時間くらい山奥?なので、
更に寒いんですよね。
普通にしてるだけでもいやになるくらいでしたから、
ペイトンに限らず、普段はドームや暖かいところで
やってる選手は苦戦するのは当然のような気がしました。
となるとシード順が大事なんですよね。。

ラックはもちろん、去年のDPで全く勝つ気が感じられない
試合をしたコーチ陣の奮起を見たいですね。
負けても当然なので気が楽wというのもありますが、
今の絶好調パッツとの対戦は望むところです!
はじめまして
「獅子吼」の居候でLionsファンの者です。どうぞ宜しくお願い致します。
余りに強過ぎるからなのか、以前は幾つか御見掛けしたものの、Patriots応援されてるblogは珍しくなってしまいましたね。
孤軍奮闘ですが、どうか頑張ってお続けになって下さい。

パッツとはW12なので対戦まではまだ一週間以上ありますが、オフェンス/ディフェンスは勿論、STに至るまで圧倒的な戦力と充実ぶりで、おまけに@ジレットですので、思わず憂鬱な気分になっちゃいますが、何処かに付け入る隙は無いモノか?とアレコレと探してたら、
今季のパッツは意外なことに反則数や罰退ydがリーグワーストなのに気付きました。
これって何故なのでしょうかね?
あと御覧になってて犯してしまうことが多い反則って何なのでしょうか?
弱小な挑戦者へのサーヴィスだと思って、是非ご教示戴ければ幸甚に存じます。
> Andrew mLuckさん
レポートありがとうございます!

やはり寒かったか…。おつかれさまでした。
今度会った時にぜひ詳しく聞かせてくださいね!

両者バイウィーク明けの激突となるIND戦。
mLuckさんイチオシのT.Y.ヒルトンをリーヴィスが止めます!
 
> Ligerさん
はじめまして!ようこそいらっしゃいませ。

Ligerさんのお名前は「獅子吼」さんや「ROAR」さんとこのコメント欄で以前よりお見かけしてました。後は確かドラフトの時のチャットでも。コメントいただけて光栄です。

名だたるパッツファンブログはいずれもお休みされてしまって残念です。なのでこのブログは細く長く続けていけたらなと。これからも遊びにきてやってくださいね!

さて。確かに今シーズンのパッツは反則の多さに悩まされています。ベリチックHCも問題視しているもののなかなか減らず…。中でも多いのはOLのフォルススタートとホールディング。およびCBのイリーガルコンタクトやパスインターフェアですね。OLはなかなか顔ぶれが固定できなかったせいもあるでしょう。CBは元々バンプなどを多用するパッツのスタイルが今年のルール変更の波をもろにかぶっているのかなと。アタマが痛いところです…。

DETとの対戦については実は戦々恐々です。相性はかなり悪いと思っていますので。その辺りは対戦前の記事で書けたらなと思います。それでは!
 







« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。