ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新星の大爆発でコルツを圧倒

NFL > Patriots 2014-15

浮かれて遅刻してる場合じゃないよ(あいさつ)

書きたいことがありすぎるとなかなか書けないのが悪いクセ。

NE.png 42 - 20 IND.png

誰もがGame Ballはこの男に贈るだろう。RBジョナス・グレイ(Jonas Gray)。37キャリー・201ヤード・4TDと圧巻の走りを見せてくれた。前回の記事で注目しているとは書いたが、まさかここまでぶち抜けるとは。そのままAFCの週間最優秀攻撃選手の座まで走りきった。

映像だと肩幅の広さが目立って見えるパワーバックで、ホールへ飛び込んでいく思い切りがいい。一発のタックルで倒れない強さもあって、前へ前へとぐいぐい進む。きっとコルツ側は大きく計算を狂わされたことだろう。試合を通じてグレイにやられ続けたわけだから。

よく走ったという賞賛はオフェンスライン陣にも当てはまる。目まぐるしく変わるブロッキングパターンで相手ディフェンスラインを見事にコントロール。LGのコノリーとかシフトしまくり。エクストラブロッカーとして入れた4巡ルーキーのキャメロン・フレミング(Cameron Fleming)やFBのジェイムズ・デヴリン(James Develin)、さらにグロンクやエデルマンに至るまで、統率された動きでグレイの走る穴をこじ開け続けた。きっと試合後のロッカールームは充実感にあふれていたことだろう。

ま。オフェンスについてはブレイディが前半に喫した2本のインターセプト以外はほぼ完ぺきと言っていい。ただねえ…あのインターセプト2本は本当にいただけない。試合内容を考えればどちらも投げる必要なんてないパスだったよ。チームの勢いを削ぐああいうプレイはこれからの季節には許されないな。

ちなみに最後のグロンクのスーパーTDプレイはみんな見ておいたほうがいい。つくづく味方でよかったと思うから。あんなのやられたら笑うしかないよね。

ディフェンスについてはDCのパトリシアをまず讃えたい。T.Y. ヒルトン対策をどうするのかと見ていたら、マッチアップさせたのはリーヴィスでもブラウナーでもなくスロットCBのカイル・アーリントン(Kyle Arrington)。これを後方からデヴィン・マコーティ(Devin McCourty)が常に支援する、縦のダブルカバー状態で封じこんだ。ペイトリオッツで何年も共に過ごしている二人ならではの呼吸があったんだろう。そういうのもファンとしてはたまらんよね。

リーヴィスはリーヴィスでレジー・ウェインに影のように張りついて重要なパスをことごとくシャットアウト。あの読みやステップワークはさすがの名人芸。ブラウナーだけはフリーナーにやられ続けて残念だった。

試合を見ながら「強いなこのチーム」とわりと客観的に思った。この調子でいってくれ。



と思いつつも次なる相手はデトロイト・ライオンズ(Detroit Lions)。オフェンスNO.1チームを乗り越えたと思ったら今度はディフェンスNO.1チームだとさ。え。なんか仕組まれてんのこれ。

ただ個人的には今年一番楽しみにしていた試合だったりする。そう。ついに実現するのだ。メガトロン対ミニトロンが!(えー)

あの凶悪DL相手に今のパッツのOLがどれだけやれるのか。メガトロンとゴールデン・テイトをどれくらい消せるのか。そこかしこのマッチアップがすごく興味深い。平均15.6点しか失点していないライオンズをブレイディはどう攻略するのか。ここまで自分のところから一つもQBサックを許していないCブライアン・ストーク(Bryan Stork)にとっても大きな大きな試練がやってくる。

まあ心配はいろいろあるが、それでもジレットでは負けられん。ここ数試合の大量得点のことはすっぱり忘れて、地味でいいから勝とうぜ。
 
141123_001.jpg
大爆発のジョナス・グレイ
[Photo:Patriots.com]
 
スポンサーサイト

Comments


こんにちは。快勝おめでとうございます!と言いたいところなのですが、DENファン的には第1シード争いの敵なので素直には喜べませんww
グレイはうち相手に良い走りをしていましたが、ここまで爆発するとは予想外でした。
次のDETですが、リーヴィスは昔メガトロンをシャットアウトしていましたし、テイトも良い2番手レベルなのでNEディフェンスなら圧勝もあると思います。OLも良くないですし。
あの凶悪DLをブレイディがどう躱すのか見物ですね。グロンク対策も興味あります。
そういえばテイトもブラウナーも元SEAの同僚なんですねw密かにSEAボウルと命名して見ることにしますw
はじめまして
はじめまして。
Katadaiと申します。

以前からブログを楽しく拝見させていただいてたのですが、今回初めてコメントさせていただきます。よろしくお願いいたします。

今シーズン序盤は焦りましたが、さすがにいつもの姿を取り戻しましたね。
グレイには、今後もたとえヤードが出なくても相手を消耗させるランを続けてもらいたいです。

今期はパスが強いチームとは比較的楽観的に見ているので、明日もロースコアでも競り勝てるとは思っていたりします。

2006年からファンやってますが、ここまで安心できるパスD#のパッツは久しぶりに、いや初めて見ました!
あとはけが人だけはもう出ないでほしいですね。。。
2007年SBのウェルカー不在や、毎年のようなグロンクの離脱に、プレイオフでのタリブの負傷退場。。。
このメンバーであればSBはいけると思っているので、特にグロンクのプレイには毎プレイひやひやですw

今後もパッツを応援しながら、楽しくブログを見させていただきます。今後も頑張ってください。
完敗でした
完敗でした。
まぁ予想はしてましたがウチのD対策も万全でしたね。
プレッシャーがかからなきゃブレイディの独壇場。
スローするレーンが空くのか面白いくらい簡単に決められてましたね。
グレイ温存で、ランでドンドン行かれることだけは何とか防いだので、34点で収まったんでしょう。でなきゃ50点ゲームの内容でした。
どっちにせよオフェンスがTDとれない現状では、「Patsに挑戦するには10年早い。顔を洗って出直してこい」と門前払いを喰ってもおかしくない有様でしたね。
充分4度目の戴冠狙える戦力だと思います。御健闘と大願の成就をお祈り申し上げます。
判官贔屓の自分はPatsの対戦相手を応援するでしょうけど(笑)。
> K猫さん
コメントありがとう!

シード順のことはあんまり考えてないですがイルカ狩りはよろしくお願いします(えー)

DETみたいなチームとは相性悪いんじゃないかなと思ってるのですがどうですかねー。

この試合のMVPは文句なくジョナス・グレイに決まりだと思いますが、影のMVPはやっぱりフレミングとデブリンですねぇ~。
昨シーズンからランプレイにおけるデブリンのいぶし銀の活躍には注目していました。
学生時代はDLだったというだけあって、パワフルですよね。
今どき時代遅れの感もあるネックロールも含め、大好きな選手です。

それと、コルツのDBが一人グロンクを怒らせちゃってましたね。
エンドゾーン手前のTDプレイの時に、サイドラインのはるか後方のカメラまでふっ飛ばされてアオテン食らうコルツの選手と、その後のグロンクのドヤ顔を見て怖くなりました(笑)

Facebookなどを見ると『ブラウナーどしちゃったの(怒)』みたいなコメントが散見されましたが、デトロイト戦では持ち味のフィジカルなディフェンスを見せて欲しいです。
> Katadaiさん
はじめまして。
初コメントありがとうございます!


グレイの登場とブラントの復帰でランアタックは一気に分厚くなりました。
大きな武器として使っていってもらいたいですねー。

パスD#の安定感についてはもうびっくりですよね。
3rdアンドロングをばかすか更新されていた去年までとは雲泥の差!

Katadaiさんが仰るように主力のケガはシーズンの行方を左右しかねません。
なんとかみんな無事でいってもらえるよう神頼みしておきましょう^^

パッツファンの方に楽しんでもらえると僕もすごくうれしいです。
勝手気ままなブログではありますが今後ともぜひごひいきに!
 
> モスさん
こんにちは。

去年からデヴリンに注目されてたんですか。さすがです^^
地味にいい選手だと思うんですよねー。
気持ちも熱いタイプのようですし。

グロンクのあれは彼らしいというかなんというか^^;
後できっちり罰金課せられてましたけどね。

今年は途中加入組も含めて新戦力が上手くハマっているのでこのままの勢いでいってもらいたいです!
 
> Ligerさん
わ。早速のコメントありがとうございます。

こちらはランで玉砕するのを避け続けたゲームプランでした。
パス偏重で失敗することも多いのですが今回は上手くハマってくれたのかなと。

DETはスタッフォードがとても不安定な感じでしたね。
寒さの影響もあったんでしょうか。

次はランボーへ乗り込むのでその時だけでも応援お願いします!^^
 
グレイ
グレイは試合に出してもらえなかったんですね。厳しいですね。それがべリチックのチームなんですね。

予想外のラン攻撃でしたね。

しかも、OLを一枚増やしての確実なラン攻撃。

グレイのプレイを見て、昨年のPOでのブラントを思い出していたら、まさかの本人帰還。

リドリーがシーズンアウトして不安だった
ランニングゲームもある程度計算ができる状況になってきましたね。








« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。