ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰色の空の下でのスーパーボウル進出

NFL > Patriots 2014-15

空気は読まなくてもいいけど抜いちゃダメ(あいさつ)

や。更新がすっかり遅くなってしまってすみません。なんだかいらぬご心配をかけてしまったようで申し訳ない。でもみなさんのお気遣いはとてもうれしく思います。ありがとうございます。

先週の勝利に酔いしれる記事を書きなぐっているうちに、みなさんご存知の通りの事態になっており。こいつは更新するタイミングを完全に逸してしまったなーと何日かぼんやりしてました。

そんなわけで。現地で大騒動になっている減圧ボール問題 "DefraitGate" について、僕の思うところを書いておきます。

と言っても、結論は至ってシンプルです。Twitterでもつぶやいたのですが、僕が言えることはただ一つ。

「ルールを破ったなら罰せられるべき」です。

点差が大きくても小さくても関係ありません。トム・ブレイディでも無名のルーキーでも関係ありません。プレイオフでもレギュラーシーズンの消化試合でも関係ありません。

ルールを破った者は即ち罰せられなくてはならない。それが僕が言える唯一のことです。

一方で。「どれくらい罰せられるべきか」については、僕が言えることは何一つありません。

ペイトリオッツが本当にルールを破っていたとして。それに対する妥当なペナルティが、罰金なのかドラフト指名権の剥奪なのかスーパーボウルの出場辞退なのかビル・ベリチックの永久追放なのか、僕には判断する材料がありません。NFLの裁定に従うしかないのだろうなーと思ってます。ま。まずはとことん調べられてしまえ。

はい。以上が僕個人の立場です。ベリチックやブレイディの記者会見などもチェックしてはいますが、特に感想などは述べません。彼らを信じるとか信じないとか、そういう次元の問題ではないですから。

その上で「ノーハドル書きなぐる」管理人としてのスタンスを申し上げておくと、この問題についてこのブログで議論や討論をするつもりはありません。調査結果や裁定内容などについてはもちろん取り上げるでしょうが、一介のファンとしてはそれらを粛々と受け止めるのみかなーと思っていますので。ま。そもそも僕が勝手気ままに書きなぐるためのブログですからね。どうかご了承ください。



というわけで。今さらかなり書きづらいのですが、少しだけAFCチャンピオンシップのレビューも書かせてもらいます。コルツファンの方など、不快に思われる方はスクランブルでお帰りください。

IND.png 7 - 45 NE.png

これが相性というやつなんだろう。ブロンコスをぶっ飛ばして勢いに乗るコルツを意外なまでに圧倒してみせた。

第一の勝因はルギャレット・ブラント(LeGarrette Blount)のランが炸裂したから、ということになるのだけれど、なぜコルツ相手だといつもランアタックがハマるのかがわからない。タックルミスを上手く誘えてる感じはするんだけど。

とにかくブラントは30キャリー・148ヤード・3TDと大暴れ。彼らしい力尽くでのセカンドエフォートを随所に見せてオフェンスを牽引してくれた。心配だったオフェンスラインのパスプロテクションもわりと危なげがなく、食らったサックも一つだけ。やっぱりランが出るといろいろ捗るなーと改めて思った。

3QにはLTネイト・ソルダー(Nate Solder)へのTDパスというスペシャルプレイまで飛び出しての大量得点。そいつはスーパーボウルにとっておきなよ。

ディフェンスでは天才アンドリュー・ラックをほぼ完封。DEのロブ・ニンコビッチを頻繁にパスカバーおよびQBスクランブルの警戒に当たらせつつ、長めのパスはセカンダリー陣が素晴らしい集中力でカバー。ラックを完全に丸裸にしてるなーと唸ってしまった。ダレル・リーヴィス(Darrelle Revis)のインターセプトなんかも完ぺきだった。

加えてプレイオフに入ってからのFSデヴィン・マコーティ(Devin McCourty)のパフォーマンスが結構スゴいことになってると思う。プレイの読みが当たってるのかな。仕上がった感がある。

攻守両面での完勝。(減圧ボール以外は)言うことナシの内容でアリゾナ行きを決めた。

さあ。いよいよ大詰め。あの舞台が3年ぶりにペイトリオッツを待っている。僕がファンになってから実に6回目だ。正直上手く言葉にできない。

次回の更新はスーパーボウルのプレビュー記事になる予定。相手は正真正銘最強の敵、シアトル・シーホークス(Seattle Seahawks)。書きたいことが山ほどあるぞー。
 
スポンサーサイト

Comments


アリゾナ・・・ 意気揚々と乗り込んでイーライに持っていかれた記憶が、、、
シアトルなら勝てる気がする。。
> yukiさん
そうですね。あのアリゾナです。
今年はこちらが挑戦者の立場ですがぜひあの記憶を拭いさるような試合になってくれればいいなと思います。







« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。