ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディビジョナルプレイオフ感想「実力発揮」

NFL > Patriots 2015-16

ニンコビッチ推しとはNHKさんはわかってらっしゃる(あいさつ)

5年連続AFCチャンピオンシップ進出。

NEはもう飽きたっていろんな人に言われるけど、身勝手なファンとしては何年連続だろうがよろこびは少しも減じない。1年1年それぞれのチームへの思い入れもあるからね。つまりは今年のチームもいいチームだ。

KC.png 20 - 27 NE.png

現状での実力をしっかり出せた。

とても注目していた最初のドライブでペイトリオッツはその集中力を見せつける。復帰初戦のエデルマンを出し惜しみせずに使ってクイックヒタイミングのパス連打。細かいパスミスやキャッチミスを乗り越えつつ、3rd13のピンチでは相手のプレッシャーをフォワードステップでぎりぎりかわしたトム・ブレイディから中央のロブ・グロンコウスキーへズドン。ペイトリオッツ本来のテンポでぐいぐい進んで最後もグロンクへのバックショルダーパスで先制TD。まさに理想的な立ち上がりでチームは勢いに乗った。

2Qには自陣ゴール前2ヤードからの長い長いドライブを完遂。WRキーション・マーティンへのロングパスやRBスティーブン・ジャクソンのランも決まって、最後はブレイディのスニーク。どんなチームでもそうは止められないだろうというTDドライブだった。

マーティンはなんというかパッツらしいレシーバーだな。アジリティが高くてハンドスキルも確か。だけど爆発力はない。そして他チームで大活躍しそうなイメージがイマイチ浮かばないというね。

閑話休題。

試合は終始パッツのペースで進むも、さすがにチーフスは無抵抗で負けてくれるようなチームじゃなかった。

コツコツコツコツ刻んでくるKCオフェンスをなかなか断ち切ることができず、許した3rdダウンコンバージョンは12/20回。ミスをしてくれない相手とのガマン比べ。最終的にKCのプレイ回数は実に83回にまで積み上がり、NEのプレイ回数(56回)より27回も多かった。

ビッグプレイ不足というアレックス・スミスの弱点を浮き彫りにした形だけど、それだけパッツディフェンスが粘り強く守ったとも言える。前半止められなかったランも後半にはほぼアジャスト完了。DT陣をたくさんローテさせて使う今シーズンのパッツはこういう持久戦にもついていける。

ディフェンス陣で特に光っていたのはSSパトリック・チャン。派手なタックルやインターセプトはなかったけど、相手オフェンスの生命線であるTEトラヴィス・ケルシーを試合の大半で消すことができたのは大きかった。

それにしてもKCは若手にイキのいいのがいるなー。CBマーカス・ピータースはルーキーのくせに落ち着き払ってて。WRアルバート・ウィルソンなんて初めて名前を知ったけどすごくいいリリースしてた。来シーズンはもっと強くなりそうな予感大だ。

ペイトリオッツはオフェンスでもう1本獲ってダメを押したかったところだけど、さすがにそれは欲張りか。

ボルマーが帰ってきたOL陣は予想より数段上のパフォーマンスを見せてくれた。エデルマン復帰でパスのタイミングが早くなった好影響がこういうとこにも出るんだな。ひやりとするシーンはあったものの結局は被サック0。ボルマーについてGAORA解説の村田さんは「並の選手」と評していたけど、ファンとしては賛同しかねるところ。本職じゃないLTに入っても安心して見ていられるくらいに頼れるラインマンだと思う。

それからRTに入ったマーカス・キャノンも素晴らしかった。キャリアの中でもトップクラスの出来だったんじゃないかなー。次戦もぜひこの調子でお願いしたい。

他にもホワイトのRBスクリーンからのビッグゲインやラフェルの鋭いスピンムーブなど、それぞれに見せ場があってチームとして勢いに乗っていけそうな試合だった。ま。スペシャルチームがちょこちょこ不安定さを見せるなど、万全な強さを感じさせるほどの内容ではなかったけど、選手のコンディションが整ってさえいればDEN相手でも充分戦えそうだ。

次の舞台はマイルハイ。あの男が待っている。
 
160123_001.jpg
OL陣に支えられてTDを決めるトム・ブレイディ
 
スポンサーサイト

Comments


やはり皆いると違いますね
攻守ともに安定感があります

最後の(?)マニブレがこの舞台で見れるのに感謝!

このままの勢いでスーパーボウルまで駆け上がり、是非、連覇して欲しい!シーズン後半にダメな所は全部出し切ったので後は勝つのみ。それにしても一発勝負は緊張するわ・・・。
チャンピオンシップ進出おめでとう御座います。
自分は、AFCチャンピオンの穴馬候補はKCだと思っていたのですが、流石パッツ、付け入る隙も見せずに一蹴でしたね。
さぁ愈々兄者との決戦。当然今の時点ではまだ試合内容も結果も判りませんが、それでもcastingとsituationだけで、このチャンピオンシップがリーグ史に残る試合、後世語り継がれる試合に成ることは必至。願わくばゲームの内容も、それに相応しいモノに為らんことを。
> まいたけさん
ギリギリ必要なメンバーのコンディションがようやく整った感じでしたね。
ひと安心というところ。

これが最後の激突なのだとしたらやはり負けるわけにはいきません。
空気を読まずに勝ちたいです! 
 
> AKIKOさん
一発勝負の場での選手たちのメンタリティの強さは計り知れないですね。
キッカーとか絶対やりたくないです。

マニングのキャリアに終止符を打ってぜひスーパーボウルへ!
 
> Ligerさん
ありがとうございます!

長年リスペクトしてきた相手なのでここで勝ち逃げさせるわけにはいかないなーと。
きっとアツい試合になると思います!
 







« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。