ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AFCCC展望「これが二人の最後と言うのなら」

NFL > Patriots 2015-16

ふつーに来シーズンもぶつかる気がするけどね(あいさつ)

なんだかブロンコスの選手たちからの口撃がすごい。んーそういうチームカラーだったっけ。そういうのうちはやってないんで他を当たってもらえますかねー。

つか安っぽい挑発よりもアキーブ・タリブの冷静なコメントのほうが印象的。ブロンコスに移籍してから一段といい選手になってるよね。ちょっとうれしい。

というわけで。今シーズンのAFCカンファレンスチャンピオンシップの相手はデンバー・ブロンコス(Denver Broncos)。最近5年で実に8回目の対戦になる。スーパーボウルがかかった超重要な一戦なのだけど、加えて今回ばかりは一人の選手を意識せざるを得ない。

QBペイトン・マニング(Peyton Manning)。言わずと知れたNFL史上最高パッサー。僕にとってはトム・ブレイディの次にたくさん試合を観てきたQBということになる。

これで17回目となるブレイディとマニングの激突。そしてこれが最後になるだろう、そう言われている。

「ブレイディとマニングはどちらがQBとして上か」という問いはパッツファンである僕には愚問でしかない。けれど、ことパスを通すことに関して言うならマニングのほうが明確に上だろうと思う。操るパスの多彩さ、長短のパスの精度、巧みなポケットワーク、的確なオーディブル、被サックおよびファンブルの少なさ、さらにはレシーバー教育の手腕に至るまで、マニングがブレイディより上回っているところは少なくない。

NFLにはすげえQBが数多くいるけれど、それでもペイトン・マニングはスペシャルだ。自分の感情に当てはめるなら「畏怖」という言葉が一番近い。唯一無二。そんな選手が相手である以上、過去の対戦成績など何の意味もなさない。ベリチックも言い切ったように、どんな状態であろうともマニングを甘く見てかかるなどあり得ない。

そして。これがマニングの現役最後のシーズンだと言うのなら、ここでそれを終わらせたい。ペイトン・マニングが最後に敗れるなら、その相手はトム・ブレイディであるべきだと僕は思う。本気でそう思う。だからやっぱり勝ちたい。マニングに勝ってまたスーバーボウルへ行きたい。(ちなみに逆も言えることで、ブレイディが最後に負ける相手はマニングであるべきだと僕は頭のどこかで思っている。)



勝利へのキーになるのはまずはランディフェンスか。結構な割合で飛び出すC.J.アンダーソンのビッグゲインには要注意。ライン戦でずるずるやられるようだと苦しくなる。NFLのスターターらしくなってきたDTマルコム・ブラウンに期待をかけたい。

パスディフェンスでは、デマリアス・トーマスにローガンを、エマニュエル・サンダースにバトラーをマッチアップさせる形か。先のPIT戦を見る限り両レシーバーとも絶好調ではなさそうなので、十分に渡り合えるはず。キャッチされてもハードヒットで早めに止めたい。

パスラッシュはそれなりには届くはず。シアードの内側シフトからのインサイドラッシュや、ハイタワーのブリッツなどでプレッシャーをかけてどこかでINTをもぎ取りたい。


一方のオフェンスは、リーグNO.1ディフェンスを攻略しないといけない。それもランには期待できそうにない状態でだ。オフェンスラインのパスプロテクションにかかる責任はめちゃくちゃ大きい。

DENのプレシャーは内側も外側も脅威。とりわけ前回対戦時にはいなかったデマーカス・ウェアが怖すぎる。外からある程度やられるのは覚悟の上で、せめて内側を一瞬で割られる場面だけは減らしたい。きっとアキーブあたりは虎視眈々とINTを狙っているはず。ターンオーバーの危険性は相当に高いと見る。ブレイディにとっては1プレイたりと油断できない試合になるだろう。

ただパスプロさえまともなら、前回対戦時に離脱中だったエデルマンもアメンドーラもいるオフェンスは十分進めるはず。後はFGじゃなくTDをしっかり獲れるかどうか。ほんのちょっとだけ調子が上がってきた気がしなくもないラフェルが仕事してくれるといいんだけど。


同じマイルハイで完敗した一昨年のチャンピオンシップのような展開にはならないはず。結局ターンオーバーが勝敗を分けそうな気配も濃厚なので、ペイトリオッツらしいミスのない内容で食らいつきたい。

あの偉大な背番号18を。見るのはここで最後にしてやろう。

 20160124_001.jpg
在りし日のトム・ブレイディとペイトン・マニング
 
スポンサーサイト

Comments

うう
あと数時間 
楽しみs

早起きして応援します!

いつも素敵なブログをありがとうございます。

最高のライバルに勝ってスーパーボウルに行きましょう!!

残念な結果となりました。悲しい限りです。
失意の月曜日。今日は一日心ここにあらず・・・。

大きく見ればレギュラーシーズン最後の2連敗が響いたなぁとか、
第4Qの残り時間がまだある時の4thDowenギャンブルを
FGで繋いでいればとか、
そもそもOLがとか、言い出したらキリがありませんが、
ブレイディ対マニングの名勝負として心に刻んでおこうと思います。

マニングにはSB50の結果に関わらず、今年で引退しないでほしい。
来年も対戦し、次こそ倒したい。偽らざる今の気持ちです。

なるはさん、いつも素晴らしいブログをありがとうございます。
今後とも宜しくお願い致します。

私は本当に長いことアンチNEをやってきました(でもってマニングファンです)
そんな私がなぜNEを嫌いになったかというと空気圧でもスパイゲートでもタイロールールでもベリチックのグラウンドの仕込みとかでもなくブレイディでした。
彼は負けると絶対に握手に行かないとかスポーツマンシップに欠けると思うところがありました。(主に20代で、若気の至りでしょうけど)
30台になり一応握手はするようになりました。しかし本人曰く悔しいのだからそれ以上は無理だとのことだったそうで・・・
QBはチームの顔なんだから一言くらいは会話のキャッチボールしろよとやはり好きになれませんでした。

しかし、この試合の後、若干長めに言葉を交わしているところを見てしまいましたらたかがファンであるこちらも感傷的になってしまいました。
この二人による対決も最後(あるいは最後に近づいている)ということを二人とも感じてしまって長々と話をしてしまっていたのでしょうか
いざ、そういう姿を見てしまうと、それを見せられたことによりこの時代の終わりを感じざるを得なく。まことに勝手ながらブレイディはもっとヒールに徹してあいさつしないでほしかったです(わがまま)
もっとこのライバル関係を見続けていたいと思ってる自分がいるようです。
> yukiさん
最後まで楽しめる展開ではあったのですが……ね。
残念です。
 
> AKIKOさん
僕らの応援の声は届かず……残念です! 
 
> je11さん
やはりマニングは最高のライバルでした。
だからこそ悔しいですねー。
 
> EURさん
いえいえ僕こそいつもありがとうございます。

どこかで一つ歯車が狂ってしまったようなシーズンでした。
スーパー連覇の資格は十分あるチームだったと思うだけに残念です。
 
> 通りすがりのアンチNEさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
マニングファンの方にもご覧いただけてうれしく思います。

ブレイディのある種の子どもっぽい闘争心については確かに仰る通りかもしれませんね。
ファンとしてはそこもまた嫌いではないのですが。

試合後にマニングが見せてくれたペイトリオッツへの敬意に思わず胸が熱くなりました。
最後になるであろう彼のスーパーボウルでのプレイをしっかりと見せてもらおうと思います。
 







« »

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。