ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人的シーズン回顧2012(OL編)

NFL > Patriots 2013-14

 
NFL shop.comの送料が高くてやんなる(あいさつ)

NFLグッズのデザインがほとんどどれもイマイチな感じなのは一体なんなんすかねー。アメリカ人のセンスはわからん。というわけで懲りずにシーズン回顧をつづけてみる。ドラフトの記事も書きたいのにぜんぜん終わらんがなっ。今回はOL編。


Nate Solder(ネイト・ソルダー) T #77

・16試合出場(16先発)
・なるは的評価:A

スーパーボウル制覇3回・プロボウル選出4回・オールプロ選出1回の名選手Matt Light(マット・ライト)の引退を受けて、先発LTを引き継いだ。「いやまだ早いんじゃないのか……」と思ってたら、期待を大きく上回って立派に務めてくれた。だって2011シーズンにはフルバックとして使われることもあったのだぜと。うむ。さすが選手をこき使うことにかけては悪魔的なヘッドコーチの仕業である。ソルダーの武器は機動力。足をよく動かしてプレーが途切れるまで粘り強くブロックしきる。ランブロックで長い距離を走るのも余裕。マジメか。

RTの時にたまに見られた、えらくあっさりサックを許すシーンもなくなった。きっと元々がLT向きなんだろね。サイズも文句なし。でも相手をパワーで圧倒して何もさせないってタイプじゃないな。あと大事な場面で気負いすぎてのフォルススタートがちょいと多い印象。マジメか。「鉄壁」を目指してさらにステップアップを期待したくなるPats自慢の2011ドラフト1巡(17位)指名。

Logan Mankins(ローガン・マンキンス) G #70

・10試合出場(10先発)
・なるは的評価:B

不動のLG。プロボウルに加えてオールプロ1stチームにも選ばれた。って……えー?そこまでずば抜けたパフォーマンスだったっけ?6試合も欠場してるしなあ。やっぱガードの評価なんて僕にゃムリだ。

ただ両隣が新しい面子になった難しいシーズンをベテランとしてきっちり支えてくれたのは◎。つか気づいたらオフェンスラインで最年長になってたんだなー。いやでもまだまだ。まだまだやってもらわないと困る。のでBしかやらん。


Ryan Wendell(ライアン・ウェンデル) C #62

・16試合出場(16先発)
・なるは的評価:A

シーズンが始まる時にすべてのポジションの中で一番心配していたのがこのセンターのポジション。2011シーズン途中で離脱したDan Koppen(ダン・コッペン)をそのままリリースするとは思ってなかったし、リリースしてからはてっきりコノリーをセンターに固定するんだと思ってたから。しかしPatsコーチ陣の眼力はやっぱり本物。開幕から高いパフォーマンスを維持。全試合先発出場は立派の一言だ。

パワフルなランブロックが魅力だが、さらにうれしいのはスナップミスがほぼ皆無だったこと。地味かもしれんが超重要ポイントだからね。ノーハドルやオーディブルを駆使するペイトリオッツのオフェンスで、CがQBと常に呼吸を合わせるのはそんなにカンタンなことじゃないだろなと素人ながらに想像してる。ドラフト外入団でここまで成り上がってきたが、まだまだ伸びしろは十分だろう。やったれ。


Dan Connolly(ダン・コノリー) G #63

・14試合出場(14先発)
・なるは的評価:B-

2011シーズンはコッペン離脱後にセンターを務めていたが、2012シーズンは本職のガードへ。んー。まあ可もなく不可もなくという感じかな。だからガードの評価なんてムリだと何回言えばー。


Sebastian Vollmer(セバスチャン・ボルマー) T #76

・14試合出場(14先発)
・なるは的評価:A-

開幕前にはキャノンに取って代わられるんじゃ?という声もあったが見事な活躍ぶり。パスプロテクションもランブロックも両方いけるのがいい。あー再契約できてよかったー。これで一流選手の仲間入りだね。ケガが多めの選手なのでとにかくそこだけ気をつけてくれー。ちなみに2009年ドラフト組の数少ない生き残りである(2巡58位)。


Marcus Cannon(マーカス・キャノン) T/G #61

・16試合出場(1先発)
・なるは的評価:B

着実に出場機会を増やしているキャノン。病気はすっかり大丈夫なんだろう。よかったよかった。ポテンシャルは十分高いのでどう育てるか。タックルとガードとどっち向きなんだろう?どちらでもいけるようでもあり、どちらにも中途半端なようでもあり(えー)。


Donald Thomas(ドナルド・トーマス) G #64

・16試合出場(7先発)
・なるは的評価:A

ガードのバックアップながら7試合に先発。マンキンスやコノリーの欠場を見事に埋めてくれた。FAで出て行かれたのは痛いなー。でもそれくらいの活躍だったってこと。INDではぜひ先発として活躍してくれ。むろんPats戦以外でなっ。


2011シーズンから先発3人(ライト/コッペン/Brian Waters(ブライアン・ウォータース))が抜けて、どうなることかと思われたオフェンスライン。けれどそんなのはあっさりと杞憂に終わった。「OLは個人能力よりもケミストリー」みたいなことがよく言われるけど、ペイトリオッツを見てるとその通りだとしみじみ思う。だってほとんどが自前で育ててきた面子だからね。いやこれはかなり自慢していいでしょ。コーチ暦40年以上(!)を誇るアシスタントヘッドコーチ兼OLコーチのDante Scarnecchia(ダンテ・スカネッキア)をもっと評価しやがりなさい君たち。

 
スポンサーサイト

Comments







« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。