ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロング・グッドバイ

NFL > Patriots 2016-17

いやクリス・ロングはやってくるんだけど(あいさつ)

FA解禁後1週間あまりが過ぎて、一気に動き出した新シーズンのニューイングランド・ペイトリオッツ。

衝撃だったのはもちろんチャンドラー・ジョーンズ(Chandler Jones)のアリゾナ・カージナルスへのトレードだ。見返りに手に入れたのはOGジョナサン・クーパー(Jonathan Cooper)+2巡全体61位のドラフトピック。

まるで想像していなかったのでショックはめちゃくちゃ大きい。

もとより1年後にFAになるチャンドラーを引き止められるだけの大型契約を結ぶのは難しいだろうとは思っていた。FA戦線におけるパスラッシャーの価値高騰の流れを見ても、ペイトリオッツにそんなキャップスペースはひねり出せないだろうなと。

だから先手を打って今年トレードに出すという発想自体は理解できる。パッツファンとしてはシーモアやモスやマンキンスの時の経験で慣れてもいる。

またOGとして異例のドラフト全体7位で指名されたクーバーにポテンシャルがないわけがない。チームとスキームが変わっていきなりプロボウル級の活躍をしてくれるかもしれない。1巡ピックがない今年の状況で2巡ピックを増やせたのもデカい。ペイトリオッツにとって十分に旨みのあるトレードだと思う。


でも。

でも……なんだよなー。

チャンドラーは僕にとっても思い入れの強い選手で。ずっとパスラッシャーが欲しいなー欲しいなーと思っていたところにやっとドラフト1巡で手に入れた選手だったわけで。4年前のドラフトで指名された時はホントにうれしかった。

そんな生え抜き選手がルーキーシーズンから着実にステップアップして昨シーズンはキャリアハイの12.5サック。ついにプロボウラーにまでなってくれた。

サックアーティストというタイプではなくてそれほど派手に目立つわけじゃない。いわゆるカバレッジサックも多いのだけど、自分の長身と腕の長さを上手く活かすスタイルでなんだかんだQBを仕留めてくれるのが頼もしかった。

FGブロックリカバーリターンタッチダウンやスーパーボウルでのQBサックも決めてくれた。

ぺらぺらなデプスのDE陣の中でニンコビッチとともにほとんどの試合で出ずっぱりという状況にも耐えてくれた。タフでマジメで頼れるやつ。


淋しいなー。やっぱりめちゃくちゃ淋しい。

トレード先がARIという好チームなのがまだ救いか。OLB登録になって背番号も50番台になるようだけどきっと活躍するだろう。NE時代とはまた違う姿が見られるのを楽しみにしておこう。

さらば愛しきチャンドラー。さよならを言うのは少しだけ死ぬことだ。ロング・グッドバイ。

20160319_001.jpg
 
スポンサーサイト

Comments


更新お疲れ様です。
昨シーズン敗退後、やはりテンションが上がらずぼーっとしてましたが、最近の動きでちょっと復活してきました


この動き自体には賛成なのですが、やはり寂しいですね
あとは、INDのアレンとれーと思ってたらまさかのベネット。
早くも来シーズンが楽しみになってきました

「タフでなければ生きて行けない」

常勝チームの真髄のようなトレードでしたね。
生え抜きのスター選手がチームを去るのは、かなりつらいと思いますが…。

今季はJ.シェアードに期待してます。

常勝チームの宿命ですね

悲しいですが

ウィルフォークとは状況が違いますが、愛着がある分つらい気持ちはどちらも変わらないですね

新天地での活躍をお祈りいたします







« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。