ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフト2日目開始直前のなぐり書き

NFL > Patriots 2016-17

もっとブーイングされやがれグッデル(あいさつ)

ドラフト1日目が終了。知っての通りペイトリオッツは1巡指名権を剥奪されているので蚊帳の外でした。

というわけで直前すぎてあれだけど僕がパッツにきたらいいなーと思ってる選手を書きなぐっておく。ちなみにニーズの高さについてはOT・CB・DT・RB・WR・LBの順だと個人的には思ってる。

[OT]

Shon Coleman
即戦力狙いならこの選手か。まず構え方がいいと思う。きちっと決まってる。セカンドレベルへ出て行くのもスムーズ。引っかかるのは25歳という年齢と負傷歴。

Jerald Hawkins
伸びしろ重視ならこっちか。サイドステップがちょっと堅い印象だけど全体的な動きはいい。右も左もこなせそうなのがパッツ好みかな。

Joe Haeg
全体2位で指名されたウェンツの盾。思ったより評価が上がってこないなという印象。姿勢の低さがいい。コンバインの数字も優秀。2巡で取ってもまったくリーチだとは思わない。

[CB]

D.J. White
個人的には今年のフェイバリットCB。僕はCBは結局のところ球際のセンスだと思っていて、彼にはその片鱗を感じるので。3巡で取れたらビールを5本は空にする。

Cyrus Jones
パッツがいかにも好きそうな選手その1。2巡での本命になってるんじゃないかと思う。QBの視線を読みながら駆け引きができるタイプかなと。バトラーやローガンと組ませてスロットに置いたらかなりエロいことになる。

Sean Davis
パッツがいかにも好きそうな選手その2。デヴィンに近いFS兼用タイプ。頭よさそうなんだよなー。STのガンナーとしても活躍できそう。


[DT]

Chris Jones
どうせ残ってないだろう選手その1。サイズ・パワー・スピードのバランスがよくて完成度の高いタイプと見た。いいよなー。ちなみに先日まで在籍していたクリス・ジョーンズとは何の関係もないみたい。

Sheldon Day
スピード系のアグレッシブなインサイドラッシャー。先日解雇したイーズリーの後釜を求めるなら彼かなと。身長不足を指摘されるけど僕はそんなに気にならない。

Hassan Ridgeway
当たった後も粘り強く足を動かせるのが好印象。マルコム・ブラウンの後輩なので再びコンビを組ませてみるというのも一興では。


[RB]

Kenneth Dixon
パッツがいかにも好きそうな選手その3。何でもこなせる多彩さで着実にヤードを稼いでくれそう。常に正対するようなステップが特徴的。

Devontae Booker
なんだか妙にバランスのよさを感じさせるランナー。止まりそうなところで止まらない。スクリーンの受け手になるのも上手い。彼もパッツに合いそう。

Alex Collins
個人的なフェイバリットランナーは彼。カットを切るタイミングが好きなんだよなー。フェイクの入れ方もていねいで◎。ホームランの魅力も十分。かなり僕好み。でもパッツの好みではないと思う。

Jonathan Williams
スピンムーブがすげー上手い。タックルの間を走るディオン・ルイスという印象。ケガの経歴が不安だけど化けそうな予感もするなー。


[WR]

Sterling Shepard
どうせ残ってないだろう選手その2。試合動画を観ながらすぐにイメージが重なったのがNOのブランディン・クックス。パッツに入ったら鉄板で活躍する。つかどこのチームでも活躍すると思う。

Tyler Boyd
試合で見せる雰囲気が既にプロっぽい。ハンドスキルが恐ろしく高い。派手さはなくても確実に戦力になるタイプ。パッツが獲るべきなのはこういうタイプのWRなんじゃないかなー。

Charone Peake
近年のクレムソン産WRは無視できない。放出したラフェルに近いタイプと見た。バックショルダーとかも上手くキャッチするなと。スピードもあるのでじっくり育てる価値ありか。

Trevor Davis
コンバインで一気に知名度を上げた選手。個人的にはこのドラフトの最大注目選手かもしれない。縦のルートでスピードに乗った状態でのキャッチに光るものを感じる。ハワイ大からのトランスファーという経歴もなんとなくロマン。ぶっちゃけ夢が見たいのだよ僕は。化けるかもしんないよー。


[LB]

Jordan Jenkins
パッツがいかにも好きそうな選手その4。サイズがあってアグレッシブ。ハイタワーを中央に回してジェイミーの逆サイドをまかせるというのはどうだろう。ちょっとDE寄りすぎるかもしれんけど。



合計11個ものピックがあっても2巡2つ・3巡2つ・6巡5つ・7巡2つというバランスの悪さが辛い。
2巡のどちらかをトレードダウンして4巡・5巡のピックを取りにいくだろうと思ってる。来年のピックを増やすのもありかと。

ま。どうせ例年のごとく当たらないんだけどさ(えー)
 
スポンサーサイト

Comments







« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。