ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEEK1感想「幸運ではなく準備で勝つのがペイトリオッツ」

NFL > Patriots 2016-17

53ロスターすら把握できないまま開幕を迎えたのはヒミツ(あいさつ)

めちゃくちゃスケジュールがきつい今シーズン。その中でも最も勝ち目の薄いゲームだと思っていた。相手はNFCチャンピオンのド本命。いくらニューイングランド・ペイトリオッツ(New England Patriots)と言えども……。

NE.png 23 - 21 ARI.png

なんと初先発QBを中心に終始互角に渡り合うのだから心底感心するしかない。ブレイディもグロンクもいないのにだ。

勝因は事前準備に尽きると思う。QBジミー・ガロッポロ(Jimmy Garoppolo)のために相当練ってきたのだろうなと思わせるプレイコールだった。ランや決め打ちのパスが多くてガロッポロが迷いなくプレイできていた。ジョシュはやはりOCとしては超一流だ。

僕はガロッポロについてただただ3rdダウンコンバージョンを心配していたのだけど10/16回成功とこれまた望外の結果だった。明らかなパスシチュエーションに弱いタイプではと疑っていたのでひと安心。結果的に決勝ドライブになったシリーズで3rd&15をクリアした場面なんて最高だった。結果的にパス成功24/33回(成功率72.7%)・264ヤード・1TDでレーティング106.1は見事の一言。

WRジュリアン・エデルマン(Julian Edelman)をはじめ昨シーズンからのレギュラー陣は安定したパフォーマンスを発揮。特にセカンダリー陣は今年も安心して観ていられそうだ。WRラリー・フィッツジェラルドにやられてた?あんな化物は想定できなくて当然ですってば。

とは言え誰もが一番驚いたのはやはりOL陣のがんばりか。オフシーズン中にストークやクラインをカットするわ、本来なら先発を張るべきソルダーとボルマーの両Tもケガで不在だわで、またも先発5人中2人がルーキー。それ去年も見た。パッチワークにもほどがある。

それでもなんとかしてしてくれるオフェンスラインづくりのマエストロが今年のペイトリオッツにはいるのだ。引退を撤回して3年ぶりに帰ってきてくれたOLコーチのダンテ・スカネッキア。やっぱり彼にはサイドラインが似合う。画面に映し出される彼の姿を見るたびにジーンとくるものがあった。堂々たるデビューを飾ったドラフト3巡ルーキーのGジョー・テューニー(Joe Thuney)には明るい未来が待っていると思う。

他にもいきなり初サックを決めた同じく3巡ルーキーのDTヴィンセント・ヴァレンタイン(Vincent Valentine)や、4巡ルーキーのWRマルコム・ミッチェル(Malcolm Mitchell)なども存在感を示してくれた。今年のパッツ最上位指名のCBサイラス・ジョーンズ(Cyrus Jones)は最終盤に痛いパスを通されてしまったけれど……。まあ長い目で見守ればいい。

あと新加入のTEマーテラス・ベネット(Martellus Bennett)は今シーズン相当やってくれると確信した。ブロックつえー。ハンドしっかりしてるー。早くグロンクとのコンビが見たい。うひひ。

ディフェンスでは移籍したチャンドラー(他チームのジャージを着てるのを見るのはやっぱりさびしかった……)の穴をDEクリス・ロング(Chris Long)が埋めてくれそうなのにホッとした。

加えて個人的にうれしかったのは去年の4巡ルーキーであるDEトレイ・フラワーズ(Trey Flowers)が力強くなってきたこと。絶対やれると思うんだ。ぜひニンコビッチの後釜を担えるようになってもらいたい。


トムがいない4試合。1勝3敗が開幕前の僕の予想だ。だからこの勝利はめちゃくちゃ大きい。ぐっと視界が開けてきた。何よりもラッキーの連続なんかじゃなくて強豪相手にちゃんと実力で勝負できたことが自信になるはず。もちろん相手QBカーソン・パーマーのエンジンのかかりが遅かったのも大きいけど。とりあえず今シーズンもパッツファンは楽しめそうだ。



というわけで。改めて更新再開です。

半年ほどブログもtwitterも完全放置だったにも関わらず、前の記事をアップした途端にたくさんの方が訪れてくださったりコメントを書いてくださったりで。心から感激しました。超うれしかったー。ぶっちゃけ涙ぐみました(えー)

NFLに割ける時間がなかなか確保できない状況なのですけれど、せめて週1回は更新していきたいなと思ってます。できることなら2月のヒューストンまでずっと。

今シーズンも「ノーハドル書きなぐる(No-Huddle Scribble)」をどうぞよろしくお願いします。のーんびりお付き合いいただければ幸いです。そろそろどっかでパッツファンのオフ会みたいなのもやりたいのですけどねー。


20160918_001.jpg
力強くチームを牽引したガロッポロとLTを務めたフレミング

スポンサーサイト

Comments


更新お疲れさまです。
week1もいろいろなゲームで最終盤のドラマがありましたが、やはりクラッチキッカーのいるいないの差は大きいですね。
今後も接戦をしぶとく勝っていく試合を期待してます。
(胃につらいですけども。。。)
> red wingさん
おつかれさまですー。

クラッチキッカーのスティーブンもちょっと歯車が狂っているようで心配ですが……。

それでも「最後に勝つのはペイトリオッツ」という試合運びを見せてもらいたいですね。
今シーズンもよろしくお願いします!







« »

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

なるは@takurrows

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。