ノーハドル書きなぐる - Patriots blog -

New England Patriots(ニューイングランド・ペイトリオッツ)やNFLについて東京の片隅からノーハドルで書き散らかすブログ。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEEK9 ピッツバーグ・スティーラーズ戦を振り返るなぐり書き

NFL > Patriots 2013-14

ブレイディの週間MVPもドブソンの週間新人MVPもならず。ちぇー(あいさつ)

PIT.png 31 - 55 NE.png

心安らかなバイウィーク。

試合前の注目ポイントに挙げていたマーカス・キャノン(Marcus Cannon)は危なげないパフォーマンスを披露。うん知ってた。4Qの自陣7ヤードからのランプレイでは、右Tの位置にセットしてからスナップと同時に左Tの外側まで移動。ディフェンス二人をブロックしてルギャレット・ブラント(LeGarrette Blount)の12ヤードランを生み出した。ペイトリオッツでは逆パターンで左Tのネイト・ソルダー(Nate Solder)にもよくやらせるプレイがここで鮮やかに決まったな。次はかなりパスラッシュのきつい相手になるけど、ぜひこのままステップアップしてほしい。

で。その次のプレイでトム・ブレイディ(Tom Brady)のロングボムが唐突に炸裂する。アーロン・ドブソン(Aaron Dobson)への81ヤードTDパス。

あー。うん。こういうのを待ってた。こういうシーンを観たかった。

アイク・テイラー(Ike Taylor)とライアン・クラーク(Ryan Clark)という大ベテラン二人をスピードでぶっちぎっての独走。プレイ自体はシンプルで、それほどすごいってものじゃないかもしれない。でもずっとディープスレットに飢えてたペイトリオッツファンにとっては最高にクールな瞬間だった。加速しながら「来い来い来い俺に投げてこい」と左手を振ってみせたあの仕草のリプレイ映像だけで酒が飲める。もう一杯もってこーい。

ドブソンについてはもう1本のTDレシーブについても書いておく。3点リードで迎えた4Q。測ったようにパイロンに向かって投げられた17ヤードのバックショルダーパス。それをエンドゾーンに倒れこみながらの見事なキャッチで決めてくれた。あそこに投げられたらディフェンスは手も足も出ない。デカい。あれが決まるようになるのは極めてデカい。ブレイディとドブソンのイメージが少しずつ確実に合ってきてるのがわかるね。

途中まではウィリアム・ゲイ(William Gay)のマッチアップに手を焼いていたけど、試合が進むにつれて対応してってた。新人は日々経験。見守るファンは日々ご機嫌。SDのキーナン・アレンやDALのテランス・ウィリアムス、HOUのディアンドレ・ホプキンスあたりがルーキーWRとして活躍してるけどNEの17番もお忘れなきよう。

グロンクやドブソンの陰に隠れてしまった感もあるけど、ダニー・アメンドーラ(Danny Amendola)も4キャッチ・122ヤード・1TDと開幕戦以来の大活躍。Patsでの初タッチダウンおめでとう!あんまり短いパスよりも中距離パスのターゲットの方が合ってるのかも。

そして最後のダメ押しになったブラントのTDラン。完全に止まったところから5ヤードくらい力ずくで押し切ってエンドゾーンへ。ブラント自身の笑顔と他の選手たちの祝福ぶりが印象的だった。

スティーバン・リドリー(Stevan Ridley)のラン115ヤード・1TDなども合わせ、終わってみれば合計610ヤード・7TD。これまたスティーラーズ史上最悪の喪失ヤードだったらしい。

今シーズン目指してきたオフェンスがようやくできた試合と言っていい。できすぎだけど。どうにか続けていってもらいたい。オフェンスラインの中央をもう少し堅くできれば得点力については心配ないはず。うん。シーズン後半に向けていくぶん光が差してきたかな。

20131103_01.jpg 
破顔一笑のルギャレット・ブラント 
[Photo:The Associated Press]
 
スポンサーサイト

Comments







« »

03 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:なるは@takurrows
ブラッドショーもモンタナも届かなかった場所へ。

検索フォーム
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。